【宮古島の観光】一人旅をして気付いた5つのこと

この記事は約11分で読めます。

スポンサードリンク


沖縄本島と石垣島の間に宮古島があります。伊良部島と宮古本島を結ぶ「伊良部大橋」が出来てからは、不動産開発が盛んです。

実際に行ってみると、芸能人の○○が経営するレストラン~が次から次に出来ており、人口5万人足らずなのに、次々とマンションが建設されています。(2022年9月現在)

私は、2022年9月26日から30日の4泊5日で宮古島を一人旅してきましたので、現地で気づいたことを共有していきます。

宮古島の一人旅

今回は、38歳のおっさんが宮古島の一人旅で感じたことを書いていきます! まず、正直なことを先に書きます。宮古島は、あまり一人旅に向いていないです。街中には「ウェーイ系」の人たちが多く、一人で落ち着いた旅をしにくいです。

どこに行っても観光客ばかりです。海にいっても観光客。食事をするとき、街を歩いているときも観光客、観光客です。

お店に入るだけでもずら~と人が並んでいるので、終いには「どうせ混んでるからやめとこ」ってなります。とにかく島全体が観光客だらけです。しかも、まだ外国人観光客が少ない状況でこれですから、本格的に入国が始まったらヒドイことになりそうです。

私的な結論としては、今度、行く時があったら、もう少し閑散期にしようと思います。(宮古島民が言うには、10月下旬がベスト)

以下、宮古島を旅して気付いた点をご紹介していきます!

宮古島への行き方

東京(成田)と関西空港からは、ジェットスターの宮古島直通便があります。他、スカイマークが東京・羽田、神戸、那覇から直通運航をしています。いずれも宮古島の「下地島」に着陸します。

宮古島には、宮古空港と下地島空港の2つがあります。

宮古島を旅して感じた5つのこと

  1. 宮古島は、イメージより大きい。
  2. レンタカー不足は深刻
  3. 飲酒検問と一旦停止に厳しい。
  4. 海に泳ぐ系、魚を見る系に興味がないと暇!?
  5. 小さな島に2つも空港がある

1.宮古島は、イメージより大きい

宮古島は、非常に大きいです。「自転車で数時間で一周できるんじゃない?」は勘違いなのでやめましょう!レンタカーで周っても最低2日くらいはかかります。

例えば、私は、池間島に宿を取り、東平安名崎に行ったのですが、この移動だけで約40km、自動車で50分ほどかかります。

  • 東平安名崎から来間島の「竜宮城」は25km、35分。
  • 竜宮城から下地島の17ENDまでは、30km、40分。

私の場合は、3泊分のレンタカーを借りたのですが、返却時の走行距離は、400kmを超えていました。チャリンコはもちろんのこと、スコールのような急な天候変化があるため、レンタカーを強くお勧めします。

宮古島 観光 一人旅

2.レンタカー不足は深刻

宮古島 観光 一人

宮古島の最大の謎は、レンタカー不足です。ネット、電話等で色々と探しても、どこにもレンタカーがないです。観光客が押し寄せている為、常にレンタカーがないです。この影響からぼったくりレンタカー屋がいるため注意します。

ボッタくり例:普通車が一日50,000円。5000円ではなく、50000です。しかも普通車の一日です!

どうやら本州の中古屋が宮古島に上陸して、ハイシーズンのみ無店舗営業を展開。レンタカーが不足していることに付け込んで、高額な価格で貸し出しをしているようです。検索の上位に表示されるサイトにも要注意です。

私の場合は、一泊4,000円位。三日間で12,000円位のレンタカー屋を見つけられました。保険も入っていますし、万が一の事故の時に請求されるノンオペレーションチャージも含まれた価格です。

宮古島 観光 一人

とにかくレンタカーがない。借りられない。不足しているからボッタくり業者が蔓延ります。宮古でレンタカーを借りた人から紹介を受けた方が安全だと思います。とにかく、中々、レンタカーを借りられないです。

3.飲酒検問と一旦停止は厳しい。

朝の8時くらいに飲酒検問を受けたのは初めてです。宮古島の警察は、一旦停止と朝の飲酒検問を強化しているようです。私自身、早朝、池間島から南下するときに検問を受けました。

通常、人の体は、アルコールを分解するまで8時間くらいかかると言われています。深酒や朝方まで飲んでいた方は、絶対に運転をさけるべきです。当然、検問の有無に関わらず、酩酊状態で運転することは殺人行為です。

私自身は、飲酒検問を受ける前日21時までは酎ハイを2本ほど飲んでいました。数値等も反応しなかったので良かったですが、泡盛で深酒をしていたら怪しかったかもしれません。やはり、翌日の出発時間を考えた上で、前日の飲酒時間を調整した方が良いです。

4.海に泳ぐ系、魚を見る系に興味がないと暇

実は、私は、金づちです。小さい時に溺れかけた覚えがあるので、足がつかない所は嫌です。私は、海は泳ぐより、プカプカ浮いたり、観ていたりする所だと考えています。泳げない為、必然的に熱帯魚にも興味がないです。

海水浴や熱帯魚等に興味がないと暇かも!? 特に一人旅の海水浴はちょっと寂しい感じになります。

5.小さな島に2つも空港がある

宮古島の人口は、5万人ほどです。しかし、島には2つも空港があります。一つは、島の中心部にある「宮古空港」、もう一つは、下地島にある「下地島空港(みやこ下地空港)」です。どちらも宮古島にありますが、場所が全く違います。

  • 宮港空港=JAL系の飛行機(日本トランスオーシャン航空)やANAが発着
  • 下地島空港=ジェットスター等のLCCが発着

この空港に関係するのがレンタカーです。通常、レンタカーは、空港まで迎えに来てもらい車を借りることが多いですね!多くのレンタカーは、宮古空港周辺にあり、下地島空港周辺は少ないです。そのため、レンタカーを借りるときは、到着する空港を含めて、飛行機を考えた方が良さそうです。

宮古島の空港は、非常に需要があるため、できるだけ早めに航空券を購入した方が良いです。また、宮古島から飛行機に乗る場合は、早めに空港に到着しておいた方が良いです。チェックインや手荷物検査のに予想以上に時間がかかります。

宮古島の観光スポットとお土産情報等

宮古島市総合博物館

宮古島に関する歴史、気候や風土等を学べます。展示内容も多く、宮古島の経緯を知りたい方にお勧めです。

スポンサードリンク


雪塩ミュージアム

定番の雪塩製品が売っています。定期的に係り員の方が塩に関する説明をしてくれます。館内では、塩を活用したソフトクリーム等も楽しめます。

 

池間湿原展望台

池間島の中程にある湿原です。貴重な鳥たちが飛来してくるようです。私は、鳥にあまりに興味がないため、詳細を説明できないです。すいません!たぶん、すごい所。

 

東平安名崎

宮古島の東にある岬です。先端には、灯台があり、上にも登れるそうです。手前の駐車場に車を無料で停められますが、岬方面に進もうとすると、環境整備費用として300円を求められます。また、灯台に上るときにも別に300円が必要です。

一応、支払いは「協力」となっていますが、何となく強制のような雰囲気があります。まぁ、これで環境が維持されるならいいですよね!

宮古島市 地下ダム資料館

宮古島は、海面上に出ている、世界唯一の石灰岩の大地です。この影響から地下に巨大なダムがあり、島全体に安定した水を供給できているそうです。

地下ダムには、館長らしき熱心な方がいらっしゃいます。その方に案内をしてもらえたら、地下ダムについて何十倍も詳しくなります。

宮古島市 地下ダム資料館

うえのドイツ文化村

昔、宮古の人がドイツ戦を助けたことから、この地にドイツ文化村があります。しかしながら、お世辞にもオススメはできないです。端的に言うと、廃墟の一歩手前です。これといった見所もないため、廃墟マニア以外は、外した方が良いかな?と思います。

*下の写真にある壁は、ベルリンの壁です。(西側)

熱帯植物園

もしかすると、私の中で一番沖縄っぽさを感じたのがここかもしれません。特に何もありませんが、熱帯植物が生えていて、南国に来た感があります。

盛加井

地下の水を使うために掘られている?穴です。私は、この穴に一人で行ったのですが、かなり不気味です。正直、一人で行くのはやめた方が良いです。 地下に向けて真っ暗な洞窟が広がり、チビリそうになるくらいヒヤッとします。(真夏なのに)

大神島

宮古島の北東にある離島です。大神との言葉通り、島全体に神仏的な意味があります。島へは、島尻漁港から出ている片道350円のフェリーを使います。島の中心部には、展望台があり、そこから宮古本島方面の景色を楽しめます。

宮古神社

竜宮城展望台

インギャーマリンガーデン

17END

通り池

砂山

ハンセン病歴史資料館

ハンセン病

島の駅・宮古

島の駅・宮古に車を停めるときは、地元車による「当て逃げ」に注意します。レンタカーを借りた複数の人から「駐車場に停めていたら車をぶつけられた」との報告があります。

島の駅自体は、宮古ならではの面白い商品がたくさん売っています。又、館内には、複数のファーストグルメ店があるため、腹ごしらえにも便利です。人気は、もずくの天ぷらと魚の天ぷらです。

お土産はドンキホーテが良い!

宮古島のお土産は、ドン・キホーテが最も安く種類が豊富です。かつ、購入した物は、そのまま宅配等で送れます。なお、配送代金は、ドンキが特別契約をしている関係か、自分で送るよりも圧倒的に安いです。

海鮮物が豊富なスーパーは「かねひで」

こちらのスーパーは海産物が豊富です。ホテルに帰ってからの晩酌のお供に最適です。

かねひで

貧乏人は、発泡酒がマストです。今日もありがとう!宮古島に乾杯!海を見ながら、スーパーで買った宮古産のマグロを楽しみます!

宮古島

おーばんまい食堂・かつおが有名

こちらは、伊良部等にある漁港が運営する食堂です。特に「かつお丼」が美味しいことで有名です。しかしながら、行った日は、カツオの在庫が少ないとのことから、食べられなかったです。残念!

なかゆくい商店・紅芋サータアンダギー

同じく伊良部島の西部にある商店です。ご覧の通り、非常に人気があり、時間帯によってはかなり並びます。紫の芋?でしょうか? カリっと、モチの触感が特徴です。この行列に15分から20分ほど、並んだ気がします。

バナナケーキのモンテドール

宮古島の本島中心部にあるバナナスイーツの専門店です。写真左のバナナスムージーは美味しいですよ!店内には、バナナの置物があるため、写真撮影にも良いと思います。

モンテドール

池間島・海美来

池間島の橋の傍にある「海美来」です。ピンク色で三階建て?の展望スペースがあります。その一階が食堂です。この食堂は、宮古そば、紅芋もち、カボチャのサーターアンダギーを楽しめます。

宮古そば

以上、宮古島レポートでした! 宮古島は、マリンスポーツ(海水浴やダイビング、シュノーケリング等)に興味がある方がオススメです。逆に興味がない方は、少し退屈に感じるかもしれませんね!今回、私は宮古島に四泊したのですが、もう十分かな?と感じました。(マリン系に興味がないので)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました