旅館(民宿)に一人で泊まれない。 効率的に宿を探す方法は?

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

独身の一人旅で一番悩むのが「宿選び」です。旅館や民宿は、一室大人二名を基本とするため、一人での予約を断られることが多いからです。特に有名な温泉所は、その傾向が強いです。

この記事では、一人客が断られる理由、一人でも宿泊できる施設の探し方、宿の評判を詳しく確認する方法を説明していきます。ぜひ、この記事を参考にして、充実した一人旅にしましょう!

独身拒否!? 一人客が断られる理由

一昔前「女性での一人宿泊は断ることが多い」など、女性差別ともとれる噂話が一般的でした。あれから数十年後の今日では、炎上案件です。一人客を断る理由は、女性差別以外にありそうです。

では、なぜ、旅館や民宿は、一人宿泊を拒むのでしょうか? その理由は「客単価(一部屋の収益)」です。一人宿泊は、部屋の単価が低くなるため、断ることが多いのです。

例えば、最大4人が宿泊できる客室があるとしましょう。一人一泊二食1万円。この部屋を4人が泊まった場合は、部屋辺りの収益は4万円です。

一方、同じ部屋を一人で使う場合は、一部屋収益は、1万円です。四人宿泊と比較して、約75%も収益がダウンします。 特に夏の繁忙期などは、一人宿泊客は嫌われやすいです。

旅館や宿は一部屋辺りの収益性から受け入れを判断している!

一人で泊まる場合の問題

旅館等は、一部屋辺りの単価を計算しているため、基本的には一人を断ります。もし、一人での宿泊を受け入れる場合でも、料金を1.5倍から2倍程度にすることが多いです。

例えば、通常、2名一室で一人一泊二泊10,000円の料金なら、15,000円~20,000円を請求するなどです。旅館としては、どうしても一部屋当たりの単価を上げたい。これが本音です。そして、利用者側は、できるだけ普通の料金で泊まりたい。これも本音です。

つまり、この問題は、一人で宿泊できる宿がないわけではなく、割高な料金を支払ってでも泊まりたい宿が少ないとの表現が正しいと思います。

一人宿泊ができるプランは、基本的に高い。

一人宿泊の宿を決めるときに考えた方が良い3つのポイント

私は、一人旅が好きです。2022年でも、どこに行ったか分からないほど行っています。そんな私が一人旅の宿を決めるときは、次の3つのポイントを意識しています。

  1. 基本的に都会は、ビジネスホテルがベター
  2. 離島や極度の田舎は、素泊まりがオススメ
  3. できるだけ繁忙期や土日を避ける。

例えば、都会で宿を取る場合は、アパホテル等のビジネスホテルの他、安心お宿等のカプセルホテルを利用します。駅や飲食店、コンビニ等からも近く、何かと便利だからです。私は、よく東京や大阪に行くのですが、ほとんど、これらの選択に落ち着きます。

もし、離島や極度の田舎に行く場合は、素泊まり等が最適です。ド田舎にある民宿やホテル等は、サービスレベルが本当に●ソな所が多いです。おまけにご飯もコンビニの方がうまいんじゃない?と感じることが多いです。

このような経験を踏まえると、Airbnbでの活用を含めて、素泊まり等で利用し、ご飯は別のお店で済ませた方が良いと思います。もちろん、場所によっては、近くにコンビニすらない所もあるので、事前にある程度のリサーチは必要です。

一人でも泊まれる宿の探し方

では、どのようにすれば、効率よく宿を探せるのでしょうか? 私がいつも宿を探す方法は、次の通りです。複数の媒体を複合的に使います。

■スポンサーリンク


例えば、じゃらんには、一人旅を歓迎する宿だけを集めたページがあります。こちらの検索結果も参考にできます。下の検索項目を色々と調整することで、様々な宿を見つけられます。

楽天トラベルでも一人向けの温泉宿があります!

一人向けの宿

また、グーグル検索等で「地名+宿名+ビジネス」等で検索をしたり、ヤフー知恵袋で「地名+一人 +民宿」等で検索したりすると、一人でも泊まれる可能性が高い宿が表示されます。この旅行サイトやグーグル検索、ヤフー知恵袋を活用すれば、宿泊できる施設が見つかります。

宿の評判を調べる方法

ただし、一つ媒体だけで宿を決めると、外れを引く可能性があります。これを防止するために、必ず2つ以上の媒体の口コミ情報を比較します。

私の場合は….

  • じゃらんの口コミ
  • 楽天の口コミ
  • グーグルマップの口コミ

この三つを全て「口コミが悪い順」に並び替えて確認します。口コミは、良い順に並んでいるので、どうしても年月と共に悪い口コミが埋もれがちです。そこで、私は、悪い口コミを先頭にして、できるだけ正確な実情を把握しています。

過去、私は、じゃらんですごい高評価の所を発見し、これをグーグルマップで調べた所、めちゃくちゃ評価が悪かったなどの経験を何度もしています。

例えば、こちらが じゃらんでの口コミです。 この宿の名前をコピーします。

独身 一人 宿探し

コピー後、グーグルマップで宿名を検索すると、グーグルマップの口コミが見えます。これを評価が低い順に並べ替えると、このような口コミが出てきます。同じように楽天等も見比べて、全体的な評価を確認して、最終的に予約するのかを決めます。

独身 一人 宿探し

このように複数の媒体情報を統合することにより、より精度が高い「宿の実態」がわかってきます。あまり良い所でない所は、いつも同じようなことを指摘されてマイナス評価を受けています。ぜひ、色々と比較してみましょう!

おまけ!都会のホテルに宿泊する際は、大島てるで調べると良い!

最後に都会のホテルを選ぶときに便利な方法です。ホテルは、よく「●●」が発生しますよね? 「大島てる」は、この”事故”が発生したホテルかを調べられるサイトです。

この火の玉の一つ一つが事故が発生した物件です。好きなように拡大・縮小ができます。

大島てる

例えば、東京都○○区のホテル○○の宿泊を考えているとしましょう。このときに、大島てるを使い、対象のホテルで過去に”事故”が発生していないのか?を調べます。非常に角度が高い案件は、部屋の番号迄記載されています。私の場合は、こういう事故物件には、絶対泊まりたくないので、ホテルを決めるときの参考にしています。

まとめ

  • 民宿等が一人客を断るのは、部屋当たりの単価の問題
  • 一人で宿泊する場合は、割高になる可能性が高い。
  • 一人宿泊ができる宿は楽天トラベルやじゃらん等で見つけられる。
  • 2つ以上の媒体情報を確認して「外れの宿」に当たるリスクを下げる。
生業自由人公式LINE

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました