HSBCの口座凍結をされないための2つの方法

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

HSBC香港は、海外に銀行口座を持つ人であればおな染みです。香港の金利を反映した高い預金、海外ならではの豊富な金融商品が魅力的です。また、海外のATMから出金するときの手数料が安いのも魅力です。

しかし、そんなHSBC香港にも欠点があります。それが「口座凍結」です。日本の銀行口座しか持っていない方は、口座の凍結と聞いてもピンとこない方が多いと思います。実は、海外の口座は、ある一定の期間、口座の動きがないと、凍結処理されてしまいます。

凍結処理とは、銀行口座に入っているお金の引き出しなどができなくなることです。一旦、口座が凍結されてしまうと、凍結の解除をするために香港まで出向かなければなりません。そこで、この記事では、HSBC香港の口座を凍結されないための2つの方法をご紹介していきます。

HSBC香港の口座を凍結されない2つの方法

HSBC香港の口座は、ある一定の期間、口座に動きがないと凍結されます。ある一定の期間は、ネットの情報によれば、約1年間?とも言われてます。期間についての信ぴょう性はわかりませんが、ある一定の期間で口座が凍結されるのは間違いないです。そこで、口座凍結されないための「工夫」が必要です。

*過去、私も凍結されてしまい香港まで解除申請に行った覚えがあります。

口座凍結されないための2つの方法

HSBCの口座を凍結されないための方法は、次の2つです。

  1. 日本国内の銀行ATMで一定のお金を引き出す。
  2. インターネットバンキングにログインして口座内の移転をする

1.日本国内の銀行ATMで一定のお金を引き出す。

一定期間ごとにインターネットバンクにログインするのが面倒であれば、全国にあるセブン銀行のATMで「1000円」ほどをおろせば良いです。これをするだけで、口座に動きあるとみなされます。ちなみに、海外ATMからの出金は「香港ドルの普通預金(SAVING)」から引き出されます。よって、この中にお金がないと、ATMから引き出せないため注意しましょう。

2.インターネットバンキングにログインして口座内移転

2つめは、HSBC香港のインターネットバンキングにログインして、自分の口座間で資金を移動する方法です。ご存知の通り、HSBC香港は、一つの口座でマルチカレンシーに対応しています。マルチカレンシーとは、一つの口座番号の中に…….

  • 香港当座預金
  • 香港普通預金
  • 日本円
  • アメリカドル
  • スイスフラン
  • ユーロなど

様々な通貨を預けられます。しかも、口座内でのお金の動きであれば、24時間いつでも手続きができます。ちょっと米ドルのレートがいいな~と思ったら、香港普通預金→米ドル、または、米ドル→日本円、日本円→香港ドルなど自由自在です。非常に便利な銀行です。

そして、口座凍結されないための操作は、香港ドルの普通預金と当座預金間を移動するだけです。香港ドルから香港ドル以外に交換すると為替手数料が発生するため、香港ドル同士で資金を移動させるのがポイントです。そこで、ここでは、香港ドル同士の資金移動の方法をご紹介していきます。

HSBC香港の資金移動の方法

まずは、HSBC香港バンキングにログインします。上にある「My Banking」→Pay or transferをクリックします。

■スポンサーリンク


HSBC 口座凍結 防止方法

なお、画像の中では、米ドルなどを表示されていますが、あくまで香港Currentと香港Saving間でお金の移動をします。

1 どこの口座からお金を移動させるか?です。移動元の口座です。香港Saving または香港Currentを選択
2 口座を移動させる先の口座です。こちらも香港Saving または香港Currentを選びます。例:1番でsavingを選んでいるのなら、2番では、Current
3 上のフォームに移動する資金量を入力します。下のフォームは、上で入力した金額が換算して表示
4 オプションです。何か移動したことを記録しておきたいときは、このオプションに記載します。

 

HSBC 口座凍結 防止方法

すべて入力したら下の「Continue」をクリックします。

HSBC 口座凍結 防止方法

3番の拡大図です。上のフォームに100と入力すると、下のフォームに自動換算された金額が表示されます。

HSBC 口座凍結 防止方法

確認画面です。間違いがないかをチェックします。

HSBC 口座凍結 防止方法

この画面が表示されたら移転完了です!

HSBC 口座凍結 防止方法

以上、HSBCの口座間移動のお話でした。

まとめ

生業自由人公式LINE

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました