HSBC セブン銀行(セブンイレブン)のATMで出金する方法

人生に負けない知性

スポンサーリンク


香港上海銀行(HSBC)に入っているお金は、海外(日本を含む)のATMでも安い手数料で引き出せます。特に、みずほ銀行、セブン銀行(セブンイレブン)のATMが便利です。ただし、みずほ銀行のATMは、都市部しかないため、どこでも使えるという意味では、セブン銀行ATMのほうが便利です。

そこで、この記事では、セブン銀行(セブンイレブン内のATM)を使い、HSBCから出金する方法をご紹介していきます。

セブンのATMで出金する手順

全国にあるセブンイレブンのATMを使えば、HSBC香港の口座に入っているお金を日本円で引き出せます。セブンイレブンのATMは、画面操作もすべて日本語でできるため、英語が苦手な人でも利用しやすいです。この記事では、セブン銀行での出金手順をご紹介していきます。

まず、セブンイレブンのATMに行きます。ローソン、ファミリマート、ミニストップなどのATMではなく、セブンイレブンのATMです。または、全国のセブン系列のお店、空港、駅などにも設置されています。

セブンイレブンのATMへGO!

7と書かれた赤いATMが目印です。このATMにHSBC銀行のキャッシュカードを入れます。

HSBC セブン銀行 出金

カードを入れると「ウェルカム!」と英語の音声が流れます。音声が流れると、下の画面が表示されます。この中の「日本語」を選びます。

HSBC セブン銀行 出金

今回は、出金するため「お引き出し」を選びます。

HSBC セブン銀行 出金

スポンサーリンク


一回当たり110円の手数料がかかると表示されています。ちなみに、日本の銀行のATM(新生銀行など)を海外のATMに入れて出金すると、約500円ほどの手数料がかかります。手数料に同意するときは、画面右下の確認ボタンを押します。

HSBC セブン銀行 出金

普通預金を選びます。

HSBC セブン銀行 出金

どのようにお金を引き出すのかを選びます。1000円札で欲しいときは、1000×10。10000円札で欲しければ、10000、20000や30000円を選びます。もし、中後半端(15000円や9000円)な金額を下したいときは、右下にある「Other Amount」を選びます。

HSBC セブン銀行 出金

Other Amountを選んだ後の画面です。好きな金額を入力して、画面右下にある決定ボタンを押しましょう。これで日本円を出金できます。

HSBC セブン銀行 出金

以上、HSBC香港の口座にあるお金をセブンイレブンのATMで出金する方法でした。ちなみに、HSBCのカードで出金するときは、香港普通預金から出金されます。ご存知の通り、HSBCはマルチカレンシーです。香港普通預金以外(米ドルなど)にお金があっても、香港普通預金にお金がなければ出金はできません。必ず香港普通預金にお金が入っているかを確認しましょう!

余談:日本で出金することにより…

HSBCは、一定期間内に口座内で何らかの動きがないと、口座を凍結されます。これを防ぐためには、HSBC香港の口座凍結をされないための2つの方法のどちらかを行う必要があります。

HSBC関連記事:

HSBCから出金ができない!ATMで「限度額オーバー!?」

HSBCから「Establishing Tax Residency」が来た!何をすれば良い?

まとめ

  • 香港上海銀行(HSBC)に入っているお金は、日本のセブン銀行(セブンイレブン)で下せます。
  • セブン銀行からお金を出金するときは、香港普通預金にお金が入っていることを確認します。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました