【ホットスポットシールド】外出先で安全にWi-Fi接続!

海外出張の知恵

スポンサーリンク


国内・海外問わず外出先でインターネットを使うビジネスマンは多いです。最近では、インターネットが発達したにより昔よりもネット接続を前提とした作業を行わなければならないことが多いです。このようなときにお世話になるのがWi-Fi(インターネット回線)です。

Wi-Fiは、インターネットの信号が無線化されたものであり、多くの場合、無料で利用ができます。そのため、外出先でパソコンなどを使ってインターネット接続を行う際には、よく利用されています。

しかし、Wi-Fiの利用は同時に、セキュリティの問題があることを自覚するべきです。特に社内の機密文章などが入っているパソコンを何の対策もせず、Wi-Fiでインターネットを行う「危険行為」はすぐにやめるべきです。特に海外出張が多いビジネスマンは、海外でのフリーWi-Fiの利用を慎重に行う必要があります。

今回の記事は、セキュリティ性が低い環境でも比較的安全に使える「ホットスポットシールド」についてご紹介します。

Wi-Fiを安全に利用する方法

Wi-Fiは、高速のインターネット回線を無線化した物です。主にホテル、空港、駅構内、カフェなどの周辺において、携帯電話の基地局のようにインターネットの信号が飛んでいます。パソコンやスマホなどを持っている人は、この回線を利用してインターネット接続を楽しむことができます。

Wi-Fiは完全に無料で利用できるタイプから月々の利用料金を支払うタイプまで様々な物があります。利用できる場所も空港ロビー、駅の構内、新幹線の中、バスの中、カフェ、ホテルなどさまざまです。

例えば、名古屋の地下街などには「NAGOYA Free WiFi」が整備されています。簡単な利用者登録を行えば、誰でも無料でインターネット接続ができます。あまりにも身近な存在であるため、外出先においてビジネスマンが気軽に利用してしまう場合が多いです。しかし、先にも述べた通りWi-Fi回線への接続は、みんなが利用できる分、セキュリティの問題があります。

例えば、パソコンの中に社内の機密文書を入れていると、パソコンから流出してしまう可能性があります。また、機密文書がないとしても各種ネットサービスへの「ログイン」等をされる人も同様に危険にさらされています。ここで言うログインとは、各種SNSの利用やメールのインターネットメール(Gメール)の接続などを指します。このときのログイン情報を抜き取られる可能性も無きにしも非ずです。

このような事実をふまえると、Wi-Fiを利用することは予想以上に危険であると認識するべきです。しかし、だからといって、外出先でのWi-Fi接続を完全に禁止しているわけではありません。「VPN」という接続を行えばある一定レベルにおいてセキュリティ性を向上させることができます。

VPNとは

インターネットをより安全に利用するためには、できるだけ無料で提供されている物を利用しないのが鉄則です。しかし、現実問題として、これらをすべて避けることは難しいです。であるなら、できるだけ「安全性」を高めて利用することが望ましいです。

VPNは、多くの利用者がいるWi-Fiに接続しても「通信を暗号化」することにより情報の流出を防ぐことができるサービスです。VPNを提供している業者は色々とありますが、この記事では実績でナンバーワンである「Hotspot Shield(ホットスポット シールド)」を紹介します。

Hotspot Shieldの使い方

VPNにより公衆無線LAN(Wi-Fi)を安全に利用できます。中でも最も有名な物がホットスポットシールドです。ホットスポットシールドは、公衆無線LAN(Wi-Fiへの接続)に接続する際に、簡単な設定を行うだけでパソコン、スマホ、タブレットなどの通信を暗号化して行うことができるサービスです。

簡単な操作だけで通信を暗号化できるため、社外でインターネット接続をするビジネスマンは必ず設定することをお勧めします。むしろ、これを行っていないだけで「ITリテラシーがないビジネスマン」であると認定されてしまうほど重要です。

それでは、ホットスポットシールドのパソコン版で利用方法とスマホでの利用方法を以下に説明をします。今回ご紹介する機器は以下の通りです。

1.パソコン ウィンドウズ10 ブラウザ:グーグルクローム ホットスポットシールドのアドオン

2.スマホ iPhone ホットスポットシールドのアプリ

パソコンでVPN接続をする方法(ホットスポットシールド)を利用する方法

ウィンドウズのパソコンでブラウザ(インターネットを閲覧するソフト)には、グーグルクロームを利用してます。この場合にホットスポットシールドを利用する最も簡単な方法は「Hotspot Shield」のクロームアドオンです。

グーグルクロームとは、ブラウザの一種であり、グーグルが開発したブラウザです。マイクロソフトでいうと「インターネットエクスプローラー」や「エッジ」などが該当します。クロームは、自分が使いやすいようにするために様々な機能を追加することができます。こ自分で好きな機能をアドオンによって、後から追加できるため、より自分が使いやすいインターネット操作ができます。

例えば「その本、図書館にあります。」というアドオンを使えば、アマゾンの本の販売画面で「最寄りの図書館で本が蔵書されていないか」を確認することができます。もし、あなたが神奈川県横浜市が最寄りの図書館だとすると、その図書館の在書状況をアマゾンの販売画面で確認ができることになります。本のお金を節約したいという方には、うってつけの機能です。

このようにグーグルクロームという基本的なブラウザ機能があり、その上で自分が使う機能をアドオンによって追加することができます。今回ご紹介するホットスポットシールドも、このようなアドオンの一種になります。

ブラウザとアドオンの意味が分かったところで説明してきます。まずは、グーグルクロームをインストールしてください。ダウンロードとインストールが完了してから「ホットスポットシールド」のアドオンを追加します。

ホットスポットシールドのアドオンを追加します。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-1

インストールが完了すると、画面右上に以下のアイコンが出てきますのでクリック。色がオレンジになっています。これは、まだホットスポットシールドが有効になっていないことを示しています。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-2

クリックすると以下の画面が表示されます。それぞれ赤枠部分をクリックします。

スポンサーリンク


hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-3

こちらも同じく赤枠部分をクリックします。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-4

その後、下記の赤枠をクリックしてアクティベート(有効化)します。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-5

ここがポイントです。ホットスポットシールドのレビューを見ると「無料で利用できるわけではない」と誤ったことを言っている人がいます。このような方は、この画面のポイントを完全に見過ごしています。

無料で利用できないと言っている人は「Start 7-day trial now」を選択しています。もちろん、これを選べば有料プランの無料試用ということになります。したがってある一定の期間が来ると自動的に有料へと切り替わります。

完全に無料で利用したいのであれば、下にある「Continue as free user」を選べばいいだけのことなのです。レビューをする方はもう少し冷静になっていただきたいと考えています。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-6

この画面が表示されたらVPN接続は完了です。この窓を閉じてグーグルクロームを使ってインターネットを行ってください。VPN接続はクロームを使った場合のみ有効であることをお忘れなく。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-7

VPN接続が完了したことを示すマーク(オレンジから緑色に変化しています)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-17-26-38

それでは、実際にVPNの接続によってパソコンのIPアドレスがどのように変化しているのかを確認してみます。IPアドレスの確認は「確認くん」というチェックサイトを使って行います。

こちらがVPN接続をする前に計測をしたIPアドレスです。現在は東京の秋葉原においてネット接続をしています。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-9

こちらがVPN接続後のIPアドレスです。上記と同じく秋葉原から接続しているにも関わらず日本以外のIPアドレスに変化していることがわかります。つまり匿名性を保ってインターネット接続を行っていることになります。

hotspot-shield%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9-hunade-8

スマホ(iPhone)でVPN接続(ホットスポットシールド)を利用する方法

VPNの利用はパソコンだけではなくスマホで行えます。今回はiPhoneにおけるVPNの利用方法をご紹介します。まずはホットスポットシールドのアプリをダウンロードします。有料等の案内もされますが、よく画面を確認して無料で利用できるように設定してください。

アプリを起動したら下記の画面の接続の部分を緑色にします。すると英語のメッセージが流れますので「Allow」の方を選択してください。これを行うだけでVPN接続は完了します。

vpn%e6%8e%a5%e7%b6%9a-hunade-4

念のため、設定アプリを開いてVPN接続されているかを確認します。

vpn%e6%8e%a5%e7%b6%9a-hunade-1

しっかりと接続されていることがわかります。

vpn%e6%8e%a5%e7%b6%9a-hunade-2VPNで接続されている場合は、iPhoneの上部にも下記のアイコンが表示されます。

vpn%e6%8e%a5%e7%b6%9a-hunade-3

まとめ

外出先でWi-Fi回線につなぐさいは「VPN」接続をすることが必須です。特に海外におけるWi-Fiは、自由奔放に開放されいる分、それだけ情報を抜き取られる可能性が高くなります。海外出張が多いビジネスマンは、必ずVPNによる接続ができるようにしておきましょう。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました