東南アジア・UberとGrabを利用できる国は、どこ?

海外旅

スポンサーリンク


旅先でかかる費用の内、何気に大きいのが「移動費」です。現地で移動するときに使う電車やタクシーなどです。特に、日本と比べて安い価格で利用ができるタクシー代金は、いつの間にか大きな負担になっていることが多いです。では、タクシー代金を少しでも削るには、どのようにすれば良いのでしょうか? そこで便利なものが「Uber」や「Grab」と呼ばれる配車アプリです。

この記事では、配車アプリの「Uber」や「Grab」を利用できる国をご紹介しています。なお、実際にグラブを使用したときの記事は「マレーシア・ペナンでGrabを使った感想」でご覧下さい。

タクシー

UberとGrabを利用できる国

UberとGrabとは?

スポンサーリンク


配車アプリとは、ドライバーとして儲けたい人と、目的地まで安く移動したい人をつなげるサービスです。具体的には、UberアプリGrabアプリをダウンロードした後、簡単な利用者登録を行うだけで、次のような機能を使うことがでるようになります。

  • 地図上で目的地を指定して、目的地までの移動料金を調べられる。
  • 調べた移動料金をアプリ上で事前決済ができる。
  • 最も近くにいるドライバーを呼びつけれる。

これまでは、タクシーを利用しようとするときは、流しで走っているタクシーをつかまえるか、空港や駅の正面に陣取っているボッタクリタクシーなどを使うしかありませんでした。配車アプリを使えば、その必要はありません。アプリ上で各タクシーの位置を地図上で確認できます。まさにリアルタイムで反映されるため、自分の周りに何台の車がいるのか?までわかります。

そして、あなたは……

  • アプリ上で行きたい場所を指定する。
  • 必要料金が表示される。それをクレジットで決済する。(アプリ操作)
  • 近くにいるドライバーが迎えに来てくれます。
  • 目的地に着いたら「Thank you」の一言で終了です。(ドライバーに一切お金を支払わなくてもいいです)

つまり、アプリ上で、目的地の設定から事前決済まで全てを操作できるため「英語ができない人」や「タクシーに高額請求されるのが心配な人」には、とても便利なサービスです。以下は、このUberとGrabを利用できる国です。ちなみに、UberとGrabは、まったく別の配車アプリです。どちらを使うのかは、好みになりますが、Grabの方が安くなる場合が多です。

Uberを利用できる都市

インドネシアバリクパパン、タンプン州、マナド、パダン、パレンバン、プカンバル、スラカルタ、ジャカルタ、マカッサル、ジャンビ、ジョクジャカルタ、スマラン、スラバヤ、チルボン、バタム、バニュワンギ、バリ、バンジャルマシン、バンドン、ポンティアナック、マラン、メダン、ロンボク、バリクパパン、タンプン州、マナド、パダン、パレンバン、プカンバル、スラカルタ、ジャカルタ、マカッサル、ジャンビ、ジョクジャカルタ、スマラン、スラバヤ、チルボン、バタム、バニュワンギ、バリ、バンジャルマシン、バンドン、ポンティアナック、マラン、メダン、ロンボク
マレーシアイポー、クアラ トレンガヌ、クアラルンプール、クアンタン、クチン、コタキナバル、サンダカン、ジョホールバル、セランゴール、バトゥー パハト、ペナン、マラッカ(ムラカ)
タイバンコク、コーンケン、ハートヤイ、チエンマイ、パタヤ、チェンライ
ベトナムダナン、ニャチャン、ハノイ、ホーチミン
フィリピンマニラ、セブ、パンパンガ
カンボジアプノンペン
ミャンマーヤンゴン
シンガポールシンガポール

Grabを利用できる国

インドネシアマレーシアフィリピン
タイベトナムミャンマー
シンガポール

まとめ

  • UberとGrabは、現地におけるタクシー料金を減らせる配車アプリです。
  • どちらの配車アプリも東南アジアを中心に展開されています。
  • UberとGrabを比べると、Grabの方が安い場合が多いです。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました