貿易も熱い!タイと深くつき合える、長期滞在を楽しもう!

タイ海外旅

スポンサーリンク


旅では知っていることも、暮らしてこそ実感できることはたくさんあります。日本で、地に足をつけた生活は大切ですが、ときには外国に身を置いてみる生活も良いかと思います。長期滞在してみて知るタイは、また格別です。

タイ長期滞在ノウハウ

長期滞在するには、ビザの取得が必要

タイで長期滞在する場合、必ず取得しなければならいものがビザです。日本人の場合、ビザなしでタイへ入国できて30日間の滞在が認められています。もう少しタイにいたい場合は、1回のみの延長手続きができます。バンコクに滞在の場合は、ジェーンワタナーにあるイミグレーションへ行き、30日間の滞在延長を申請します。これでノーピザ滞在は、最大60日迄可能となります。それ以上の滞在の場合は、観光ビザなどを取得することになります。

観光ビザ

観光を目的としたビザ。60日滞在可能なシングルビザを取得できます。ビザが切れる前に、イミグレーションで1度のみ30日延長可能。以前はダブルビザの取得も可能だったが、現在はシングルのみ。また、昨今は回数制限もあります。

留学ビザ

タイ語の学習を目的としたビザ。留学ビザが取得できるタイ語学校で学習することが条件。一年間滞在可能です。

ロングステイビザ

50歳以上の外国人で、一定の条件を満たしていれば取得が可能。一年間滞在できます。リタイアメントビザとも呼ばれている。

ビザ取得の場合、代行業者に頼めます。業者によってサービスの内容、例えばビザ申請場所に現地のスタッフが同行してくれるなど違ってきますが、初めてビザを取得する場合は代行業者に頼む方が安心です。バンコクの日本人向け無料雑誌などに、代行業が広告を載せています。

滞在期間が切れる直前に、一度出国して再入国すれば、新たに30日間の滞在が認められます。ビザを取得せずに、この繰り返しを行う“ビザラン”は回数に制限があります。ビザランを繰り返す外国人が多いため、取り締まりが厳しくなっており、最悪の場合はタイに入国できないこともあります。長期滞在を目的の場合は、いずれかのビザを取得しましょう。

万一のためにも、保険には加入しておきたい

暑い気候や食事が合わないなどで、病気やケガをすることもあります。海外旅行保険か、タイの保険に加入するのが良いでしょう。もしくは、クレジットカードに付帯する海外旅行保険でもいいです。クレジットカード付帯の保険は、90日間の期限となっています。それ以上の滞在をするのであれば、タイでの保険の加入をおすすめします。日本人在住者の間で有名なのはAIAの保険です。日本人の担当者がいろいろ相談に乗ってくれます。

日本語で対応してくれる総合病院もある

バンコクには、病院がたくさんあります。地方都市に比べると、遥かに医療環境は充実しています。タイ人向けの病院の場合、医師とのやり取りはほぼタイ語になります。外国人の場合、現地の病院よりも治療費は高いですが、外国人向けの病院の方がいいかと思います。日本語の話せる先生や、タイ人通訳もいるので安心です。有名なのはバムルンラード・インターナショナル病院。バンコクの総合病院で、医師の腕は確かです。医療スタッフの多くが国際経験豊富で、英国、ドイツ、日本の専門委員会による認可を受けています。また、24時間体制で診療を行っています。その他にも日本人向けの病院はいくつかあるので特に心配はいりません。ただしどの病院も費用は高いので、保険に入っておくことをおすすめします。

タイでの口座開設に必要なことは?

長期滞在する場合、お金を預けておく現地の口座が必要となります。数年前はパスポートがあれば簡単に口座が開設できましたが、年々、提出書類が変更になっています。日本人が口座開設をする場合、お世話になるのがバンコク銀行シーロム本店です。

タイで銀行口座を開設するのが、ますます厳しくなった!?

両替所によって、レートに差が出てくる

タイで生活するにあたっては、タイバーツのみの使用になります。円、ドルでは払えません。両替は、空港の銀行の窓口をはじめ、街中に銀行や両替所が点在しています。両替所によってレート差が生じています。

タイ(バンコク)で、おすすめする両替所 最大10%も違う!

マンション探しの基本は、歩き回ることです

一ヶ月位の滞在であれば、ホテル暮らしでもいいでしょう。安くて使い勝手のいいゲストハウスや格安ホテルなら、バンコクにはたくさんあります。しかし、3ヶ月などの長期滞在ならマンションを借りることをおすすめします。場所で言えば、オンヌット、プラカノン、ラングナームなどに程よい価格のマンションがあります。中心街に比べるとローカルですが、暮らす分には全く不自由のないエリアです。特にオンヌット、プラカノンは、日本人街のトンローやエカマイなどへも近くて便利です。バンコクでのマンション探しのポイントは、自分の足で見つけることです。

一ヶ月の生活費は、どれぐらいで済むか?

タイでの生活は日本の1/3の価格で可能と思われていますが、生活基準をどこまで望むかによって、人それぞれに違ってきます。確かに日本よりも断然安く暮らせますが、タイも年々、物価が上昇してきています。例えば、朝昼晩とも50B前後の食事で良いのであれば、1日200B-300Bもあれば充分です。しかし日本料理を食べて、買い物したり飲んだりすれば、日本並みの生活費になってくるでしょう。田舎と違ってバンコクは夜の街も華やかなので、人によっては出費がかさむことがあるかと思います。

以下、私の経験によりますが、一ヶ月の出費の目安です。

  • 家賃:10,000B
  • 電気・水道:2,000B
  • 通信費:1,000B
  • 食事:6,000B(屋台などのタイ料理の食事が条件。お茶代など含む)
  • 交通費:500B(タクシーに乗らないことが条件)
  • 雑費:1,500B(主に日用品の買い物)
  • 娯楽費:3,000B

計24,000B

一ヶ月、25,000B-30,000Bあれば十分にやりくり可能です。長期的滞在すれば、ビザ代やタイ語学習代、旅行代などの出費が出てくるでしょう。まずは、安く済ませるための生活ラインをインプットしておいてください。経験上、タイの食事が合わない人は食費がかさみます。タイ料理が食べられるor食べられないによる違いが、結構大きいと思います。

スマホに関するあれこれを確かめてください

日本で使っているスマホは、タイでも使えます。空港やセブンイレブンなどで売っているタイのSIMカードに差し替えれば、そのまま使用できます。料金プランもいろいろあり、通信会社が独自のパッケージを用意しています。タイのSIMカードに関しては、リンク先にて詳しく記載しています。

タイのSIMカードを買って、日本のスマホを使おう!

パソコンの修理も心配いりません

スポンサーリンク


バンコクで売られているパソコンは、日本とはやはり違います。マックをはじめ台湾のAcerなどが中心で、日本のメーカーであるのはSonyが位です。修理に関しては、パソコン専門店の中にありますが、全てタイ人経営の修理店です。日本人のいるパソコン修理店は、日本人が多く住んでいるスクンビット地区に点在しています。バンコクのフリーペーパーに広告を出しているので、簡単に見つけられます。また、スマホ修理に関してもお店は点在していますが、ほとんどがタイ人の修理店です。特に問題なく修理してくれます。

フリーWi-Fiのあるカフェは街中に点在している

街中のほとんどのカフェには、無料のWi-Fiがあります。コーヒーを注文すれば、パスワードがもらえます。スターバックスは、百貨店やショッピングモール、繁華街などに点在しています。スターバックスはどちらかと言うと、タイ人客は少なく欧米人が多いです。パソコンしている人は結構います。私のおすすめは、プラトゥーナムのインドラホテル内にあるお店。店内が割と広く、ゆったりしています。客はそんなに来ないので、静かにパソコンできるのと、仕事休憩にくつろぐには最適な環境です。

一方、タイ人経営のカフェも多くなってきました。ここでもWi-Fiのパスワードがもらえますが、客層はタイ人がほとんど。私の住まいの近くにあるカフェは大型ショップで、パソコンを持ち込んでいるタイ人の学生やサラリーマンが多く、いつもにぎわっています。最近は、ISETANが併設されているセントラルワールド内にしゃれたカフェが次々とできています。

タイ料理はおいしい!渋滞はすごい。そして、治安は?

ローカルなタイ料理店や、屋台で辛いタイ料理を食べられるのであれば食費代は安く済みます。食べられない人は、食費にお金がかかるでしょう。

タイの有名大衆料理のクイッティオやガッパオで50B程。スクンビットにある日本料理の定食で200B前後。さほど日本とは変わらない値段の日本料理をタイで食べるとなると、タイで生活するメリットがないと言えます。ビールを飲みながら、屋台で安くておいしいタイ料理を食べるのは、タイの醍醐味の一つであります。“これが、したかった”というお客さんも多くいます。タイ料理を食べられるか否かで、長期滞在できるかが決まるとも言えましょう。

水やお茶

日本の水は軟水ですが、タイは硬水です。水道の水は飲めません。と言うより、飲んではいけません。間違いなく下痢になります。コンビニにはいろんな種類のミネラルウォーターがあり、1ℓ15B前後。種類によっては、2本買うと20Bになります。硬水ではありますが、特に味に問題はないと思います。

その他お茶もありますが、伊藤園以外のタイのメーカーのお茶には注意しましょう。お茶と宣伝していますが、味が甘いのです。甘い紅茶といった感じです。ISETAN内にある日本の食品売り場へ行けば、日本のウーロン茶など日本の食品が揃っています。ただし、どれも割高です。

渋滞

バンコクで暮らしていて、これはどうにもならないのが日々の渋滞です。鉄道網は、高架と地下鉄の一本ずつです。バス、バイク、マイカー通勤の人も多くいます。また、観光都市なのでタクシーの数がこれまた多く、渋滞に一役買っています。街の中心部へ行くなら高架鉄道(BTS)かバスが通っているので問題はありません。

タクシーには月に一度乗る位ですし、渋滞でどうにもならないときは、バイクタクシーを使えばいいでしょう。バスに乗っていてまったく動かないときは、歩いた方が早いこともあります。私は、動かないバスに30分間乗っていたことがあります。それ以来、10分が限度で降ります。近くなら歩き、遠い場合はバイタクに乗るようにしています。長く住めば、渋滞を切り抜けるコツがわかると思います。「タクシー」に関する記事で、渋滞のことも記載しています。

タイ発!ボッタクリもあるけど、安心もある。タクシーを乗りこなそう。

治安

夜の繁華街でスリにあいそうになったことは一度ありますが、ホールドアップはまずありません。日本人を狙った詐欺、例えばホテル前に待機しているタクシーや、気軽に日本語で話しかけてくるタイ人や外国人には注意が必要です。財布は尻のポケットに入れずに、前のポケットかバッグに入れましょう。また、混雑している市場などを歩いているときは、前にバッグを掛けるように心がけていください。普通に暮らしていれば、特にトラブルに巻き込まれることはありませんが、夜の繁華街へ行く場合は注意が必要です。

長期滞在には、地方都市も魅力的です。

長期滞在している外国人が多いのは、首都バンコクです。都会の喧騒を忘れてのんびりと過ごしたいのであれば、チェンマイなどの地方都市がおすすめです。バンコクからチェンマイへは、飛行機で2時間程です。いろんな地方を旅行してみて、気に入ったら過ごしてみるのもいいでしょう。リンク先にて地方都市を紹介しています。

サワディー・カップは、言えるようになりたい。

基本はタイ語です。外国人が行くような場所では英語は通じますが、ローカルな街の料理店だと通じないことが多いです。基本的な英単語や、簡単なタイ語を身に付けておきたいものです。

タイで長期滞在するために、心がけたいこと

暑さを好きになる。

日本との大きな違いは気候です。平均30℃。4月、5月が最も暑い時期で40℃になることも。しかし12月、1月は日本の春先の気温まで下がり、一番過ごしやすい時期になります。

とは言うものの、やはり年中暑いので暑さに負けないことが肝心です。

日本の常識でモノごとを見ないこと

国が変われば、文化も価値観も違います。日本人だから、日本の目線でモノごとを見てしまうのは仕方ありませんが、徐々にそのような見方を取り除くことが大切になってきます。なんでも日本と比べてしまうと、タイに滞在する意味がなくなってくると思います。長く住んでいる間に、タイのここが好きor嫌いが必ず出てきます。それを楽しめる滞在にしたいものです。

滞在中、時間に余裕があるのであれば、タイ語を習うのもいいでしょう。言葉を習えばタイをもっと深く知ることができます。タイ語で話しかけてみて、通じたときの喜びもあります。タイ語学校に関しては、リンク先に記載してあります。

タイ語を学ぶために、どんな学校を選べばいい?

タイでの長期滞在が、素晴らしいものであることを願っています。

まとめ

  • 旅では味わえない、暮らしてこそ実感できるタイがある。
  • 3ヶ月以上長期滞在するのであれば、ビザの取得が必要になる。
  • 日本よりも遥かに安く暮らせるが、生活基準をどこにおくかで違ってくる。
  • 例)屋台のタイ料理が食べられるか否かで、食費代がかなり違う。
  • 日本人の目でタイを見るのではなく、自分の目でタイを味わおう。

ライター:Masa.

東南アジアのトビラタイとの貿易ガイダンス

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました