小さな会社のウェブサイトを自動集客マシーンにする方法

ポイントブログ集客

スポンサーリンク


提供する商品やサービス、社名自体が知られていない会社は、情報発信に力を入れた方が良いです。しかし、実際に情報発信すると、発信方法に迷います。そこでお勧めするのが「自社サイトによる情報発信」です。自社の商品に興味を持ちそうな方(見込み客)に役立つ情報を提供して、商品やサービスの購入につなげる方法です。

この記事では、美容院や便利屋などの地域ビジネスをしている会社から、インターネットによる物販をしている会社まで、様々な業種の方が「効果的な情報発信するための知識」をご紹介しています。貴社が情報発信をするときの参考にしていただければ幸いです。

ポイント

小さな会社のホームページ作成・運用術

小さな会社であればあるほど、ウェブによる情報発信をすることが大切です。

なぜ、ホームぺージ(サイト)が必要なの?

ホームページの存在意義は「何かについて知りたい」「何かの悩みを解決したい」という願望に応えることにあります。自社の商品やサービスの売り込みばかりしているサイトに、存在価値はありません。この記事では、サイトによる情報発信をするときに最も大切になる原理・原則部分をご紹介しています。

なぜ、企業は、ホームページを運営する必要があるの?

小さな会社が情報発信をする方法・売り込まない情報発信とは?

自社情報の発信をするだけなら、新聞の折り込みチラシに代表される様々な媒体があります。しかし、ウェブ上での情報発信は、チラシなどの媒体とは違う情報を発信する必要があります。「訪問者にとって役立つ情報」の発信です。これに徹すると、売り込み情報ばかりを掲載しなくても、向こうからお客さんが集まります。

小さな会社の情報発信とは? 売り込まずに売る方法

ウェブ上で情報発信する方法は何がある?とりあえず、アメブロ?

ウェブ上でアピールする方法はいくつかあります。フェイスブック、ツイッター、アメブロなどが有名ですね。これらの情報ツールには、それぞれの特徴があります。しかし、どのツールにも共通する悪い特徴があります。それが「他人が所有している物を使っていること」です。

会社として情報発信をするときは、発信した情報が「誰の物になるのか?」がとても重要です。この意味において、自社ブログによる情報発信は最良の方法です。

とりあえず、アメブロでいいよね?

ワードプレス+独自ドメインによる運営準備

実際に自社ブログを立ち上げるときは、独自ドメインを取得した後、ワードプレスと呼ばれるブログ機能を整える必要があります。このときに必要になる一連の知識をご紹介しています。

サイトの正しい立ち上げ手順とは?

自社サイトを始める前に知っておきたい残酷な現実

これから新しくサイトによる情報発信をするときは、思いもよらないほど、残酷な現実を知っておく必要があります。どれだけ質の高い情報を公開したとしても、サイトの開設から少なくても半年間は、アクセスはほぼゼロで推移します。この沈黙の期間を乗り越えられるのかが、情報発信をする上での一つのポイントです。

1.貴社は無名。誰も知らない。陸の孤島にあるサイトだと考える。
2.少なくても半年間は、忍耐強く辛抱する。
3.あなたの文章に「読む価値」がなければ、読まれない。

スポンサーリンク


ホームページから集客できない!自社サイトの残酷な現実とは?

自社サイトを運営するときに必要になる人(スキル)

自社サイトを立ち上げて運営するには、どのようなスキルが必要になるのでしょうか? ぱっと思いつくのがプログラマーやデザイナーだと思います。しかし、実はそれは違います。自社サイトを成功に導くために必要なスキルは、世の中で求められている情報を調査して、それをコンテンツ(記事)として応えられる人です。また、合わせて、人の心理に詳しいスキルが重要です。

  • デザイナー→不要→外注
  • プログラマ→不要→外注
  • 「求められている情報を知ること」ができる人→必要

情報発信するために必要なスキルとは?

人が検索をするとは、どのようなことなのか?

検索するとは、どのようなことなのか? この部分を理解しないまま情報発信をすると、スタッフブログ、社長の飲み会ブログ、難しい経営ビジョンの公開など、利用者にとって「読むメリットがない情報」を延々と垂れ流します。「人は、なぜ、検索するのか?」この部分を十分に理解することがサイト運営には重要です。

検索するとは?

求められている情報(こと)を知るには?

自社のサイトに大量のアクセスを呼び込むためには「世の中で求められている情報」を把握して、それに応える情報を提供する必要があります。このとき、世の中で求められている情報を探すには、グーグルキーワードプランナーをはじめとした6つのツールがあります。

お勧めのツール

  • グーグルキーワードプランナー
  • マインドマップ
  • 共起語
  • 関連キーワード
  • 知恵袋
  • NAVERまとめ

人が求めていることを知るには?

なぜ、サイトを運営するのか?を明確にします。

サイトを運営するときは、運営する目的を定めることが大切です。サイトを運営する目的は、主に3つあります。「1.ブランディング」「2.見込み客の獲得」「3.物販」です。いずれの目的であっても「ビジネス」としてブログを運営している自覚を持つことが大切です。情報発信するだけで自己満足をしているようであれば、ビジネスとしては愚の骨頂です。

  1. 商品やサービスを販売したいの?
  2. ブランド力を向上させたいの?
  3. 見込み客を獲得したいの?

サイトを運営する目的とは?

読まれるブログにするためのポイント

サイトによる情報発信を成功させるには、世の中に求められている情報を知ることと、求められている情報の答えを「相手に伝わる文章にする力」が必要です。ここでは、読まれる文章を書く上で重要になる10のポイントをご紹介します。

読まれるブログにするための10のポイント

自社でサイトを運営するときに必要になる15のポイント

自社のウェブサイトを立ち上げたり、運営したりするときに必要になる15のポイントをご紹介しています。特に他社へホームページの作成を依頼するときに注意しなければならない点について重点的にご紹介していきます。

・サイト制作をお願いするときは「実績」を確認する。
・マスターツール(グーグルとビング)
・グーグルトレンド
・グーグルアナリティクスと目標設定
・グーグルマイビジネス
・記事の執筆を他人に任せる→クラウド
・世の中で人気な記事を探す ねーばー
・数年先の音声検索を考えておく
・海外向けのサイトを考えておく。
・自社ドメインの実力を知る moz
・自社ドメインのスピードをチェックする。
・記事をコピーされたときの対処方法
・順位管理ソフト
・プライベートブラウズモード

「ボッタクラレタクない!」ホームページを開設するときの15のポイント

まとめ

中小企業がホームページによる情報発信をするときは、発信する情報が利用者にとって価値がある物でなければなりません。利用者にとって価値がある情報とは「利用者の検索意図を満たして、解決策を提示する物」です。この大きな原則を理解していると、よくあるスタッフブログや社長ブログ、難しい経営ビジョンなどが無意味である可能性が高いです。

なぜ、人は検索をするのか? なぜ、ウェブサイトは存在するのか? の部分を突き詰めて考えていくと、小さな会社が情報発信する上で重要な部分がわかってくるはずです。サイトの訪問者は、自社の商品やサービスの情報を知りたいのでしょうか? もちろん、ある一定の率では、この情報は必要とされています。しかし、多くの訪問者は「貴社の商品やサービス」を求めて訪問するのではなく、何らかの悩みを解決できる情報を求めてきています。

その情報は、単なる情報としての解決策だけなのかもしれません。もしかすると、その悩みを解消するには、貴社の商品がぴったりなのかもしれません。なぜ、サイトへ訪問者が訪れているのか? この部分と、貴社が提供する商品とを深く検討することが重要です。悩みを解決する一つの手段として、貴社の商品があるのであれば、売り込まくても買われるようになります。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました