【商売用ブログの書き方】 地域の見込み客を呼び寄せるコツ

この記事は約14分で読めます。

スポンサーリンク

お店の売げを増やすため、商売用のブログを運営するお店(会社)は多いです。年々、新規顧客を獲得する費用が上がっていることを考えると、スタッフブログは、今後もますます重要です。しかし、実際、スタッフブログを運営していても、その効果をなかなか体験できないことも多いです。

毎日、ブログを更新しているにも関わらず、何も効果を得られないなら、人件費の無駄です。また、この焦りから「SEOコンサルタント」と契約すると、さらに悲惨な状況に至ります。

この記事では、地域の見込み客を呼び込むための「スタッフブログ運営術」をご紹介します。ここでお伝えしている内容を一つずつ確実に行っていけば、今よりも認知度があがり、ブログが貴社の売上大きく貢献することにになるでしょう!

地域の見込み客に届くブログ(商売目的)の書き方

スタッフブログの運営目的を明確にしていますか? もちろん「会社の売り上げアップにつなげたい」との目的があることはわかります。しかし、実はブログは、もう少し細かい部分を目的にします。

例えば、スタッフブログを「ブランディング目的」で活用するときは、具体的な売り上げが目標にはなりません。「訪問数」や「ページの滞在時間」などを目的とする方が適切です。ブログへの訪問数が多ければ、貴社の商品やサービスの宣伝がうまくできていると考えられます。また、ページへの滞在時間が長いほど「じっくりページを見ていること」がわかり、同じく効果的に宣伝できていると判断できます。

一方、商品を売る目的の「ショッピングサイト」であれば、ブログに訪問してれることが目標ではなく、物が売れることが目標です。したがって、ショッピングサイトの場合は「訪問から売り上げつながった数」又は「売上自体」を目標とするのが適切です。

さて、貴社が運営している「スタッフブログ」は、どのようなことを目的としていますか? もし、この目標部分が曖昧なら、今一度、はっきりさせることをお勧めします。

ここから先の記事では「実店舗があり、その店舗とスタッフブログをうまく活用すること」を前提としたブログ運営術をご紹介していきます。

スタッフブログを運営する目的を明確にする

スタッフブログには、何を書けばいいの?

スタッフブログを始めるときに悩むことは「何を書いたらいいのか?」です。この部分は、正解があって無いようなものです。そのため、後述する「ダメなブログ」を作ってしまいがちです。過去の経験から申し上げると、スタッフブログには大きく分けて、次の3つを書くことをお勧めします。

  1. 貴社が取り扱っている商品やサービスの利用者が抱えている悩みに応える情報
  2. 貴社が扱っている商品・サービスの新製品発表・効果的な活用方法・キャンペーン情報
  3. その地域、固有の情報

上記1と2は、貴社の商品を利用する人への情報発信です。3番は、あなたのお店(実店舗)と、サービス提供地域をグーグルに認識させるための情報発信です。それぞれを順番に説明していきます

1.商品の利用者が抱えている「悩み」に応える情報発信

貴社が取り扱う商品やサービスのターゲット設定はできていますか? また、このターゲットに設定している人の「現実」を理解していますか? もし、どちらも「できていない」ときは、お客さんがあなたのお店を利用する理由は、ほぼないです。お客さんは「自分の現実を理解していない店舗」で商品の購入は、自動販売機で物を購入するのと変わらないからです。

では、お客さんにとっての現実とは、どのようなことなのでしょうか?

例えば、あなたの会社は、女性用向けのエステサロンを経営しているとします。エステサロンと言えば「女性の美しくなりたい」気持ちに応えるビジネスです。ただし、反面「ボッタくりエステサロン」のイメージがあり、気になるけれど、なかなか行く勇気がない「強い警戒心」をお持ちになっています。多くのお店は、収益性を高めるため「矢継ぎ早に商品の売り込み」をして来ることも一つの原因です。

「いえ、当店は、そのようなことをしていません。」と謳っていたとしても、お客は、その言葉を信じません。やはり、エステサロン=ぼったくりサロンというイメージがあります。これが提供するうサービスの見込み客が抱える「リアルな現実」です。もちろん、これはどんなサービスでも同じです

例えば、基礎化粧品を扱っているとします。主なターゲットは、当然、女性ですね!ただし、基礎化粧品は、腐るほど存在するため、あなたの会社が扱っている基礎化粧品を購入する理由はありません。もし、あなたから購入する理由は、一点だけです。「ターゲットが悩んでいることに応える情報の発信」と、それに伴う「共感を得ているのか?」です。

見込み客が悩んでいることとは、何でしょうか? 先ほどの基礎化粧品で考えてみましょう!

ターゲットは、どのような基準で基礎化粧品を選ぶのでしょうか? 安さですか? それとも質ですか? 安さだけを求めているお客であれば、多少、質が劣っても、コストを抑えた低価格の化粧品に満足感を得るかもしれません。そうではなく、価格よりも質を第一に考えている人もいます。

仮に、肌にトラブルを抱えている人は、できるだけ添加物が少ない天然成分由来の物が欲しいはずです。この場合、基礎化粧品に質を求めています。「肌荒れが気になる」「なるべく体に毒を入れたくない」という欲求を満たせる基礎化粧品が、その人にとって最適な物です。多少、価格が高くても、そこはあまり問題にはなりません。

このようにターゲットをベースに考えると、商品の利用者にとって、役立つ情報が見えてきます。仮に、貴社が基礎化粧品を取り扱っているなら「50代で20代の肌を保つ美肌コラム」を展開ができます。当然、そこには、貴社で取り扱っている商品以外も平等に紹介して「利用客の肌の悩みに役立つ情報」を提供します。

一見すると「自社以外の商品を商品を紹介して何のメリットがあるんだ!」と考えてしまいがちです。しかし、この考え方が理解できない時点で、貴社が運営するブログは、大きく失敗します。

ブログは「誰かの抱えている悩み」を解消するものであり、どこかの商品を宣伝だけする物ではないです。お客さんは、商品を必要とするのではなく、何らかの悩みや欲求を解消したいのです。その悩みなどを解決するために最適な方法が、貴社の製品であれば、それを紹介するだけということです。

商品があって、お客の悩みがあるのではありません。お客の悩みがあって、貴社の商品があります。つまり、スタッフブログには、扱っている商品のターゲットが抱えている「悩み」にこたえる情報を提供します。結果的にこれが商品の販売につながります。

つまり、これがスタッフブログを成功させる唯一の方法です。この根幹的な部分が分かっていないと、質が低い、無意味なスタッフブログが出来上がります。

スタッフブログは、商品の売り込みを行う場所ではありません。取り扱っている商品を利用するターゲットの悩みにこたえる情報を提供する場所

2.商品・サービスの新製品発表・効果的な活用方法

スタッフブログに掲載する内容は、商品のターゲットが抱えている悩みにこたえる情報です。この情報と合わせて、時々、さりげなく貴社の取り扱っている商品の新製品発表、キャンペーン情報を提供します。できれば、このときに紹介する情報もできるだけ「売り込み色」を弱くして、貴社の商品を効果的に活用する方法などを中心に情報発信することをお勧めします。このような情報発信は、貴社の情報を長く愛する利用者へと結びつきます。

利用者にとって、愛着があり、身近な存在になれるのかがスタッフブログのポイントです。

3.その地域、固有の情報

最後の情報発信は、利用者向けというより、グーグル向けの情報発信です。これは、地域で根差しているビジネスをされている方には、大きな効果がある方法です。

例えば、あなたは、北海道札幌市●●区で整骨院を営んでいるとします。このとき、あなたのことをインターネットから見つけてもらうには、利用者が「札幌市●●区 整骨院」などのキーワードで検索したときに、検索結果の画面トップに表示される必要があります。つまり、グーグルに、あなたのスタッフブログは「札幌市●●区で行っている整骨院」に関係していると認識してもらう必要があります。このグーグルへの認識に地域情報の提供が有効です。

スタッフブログの中に、札幌市●●区にまつわる「町ガイド」「地域イベント情報」など、その土地ならではの情報を発信することで、地域情報(札幌市●●区)とビジネス情報(整骨院)がつながります。これにより「札幌市●●区 整骨院」で検索したときに、あなたの会社のスタッフブログが検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

要するに、お客さんが悩んでいる情報と合わせて、地域に関する情報を発信することで「札幌市●●区の整骨情報で質が高いサイト」として、グーグルに認識されます。また、実店舗とスタッフブログをより効果的につなげたいときは「グーグルマイビジネス」を使い、貴社と地域をつなげることもお勧めです。

以上の3つがスタッフブログを公開するときに発信するべき内容です。次にスタッフブログで発信するべき内容として「ダメなスタッフブログ6パターン」をご紹介します。

ダメなスタッフブログ7パターン

■スポンサーリンク


様々な会社のブログを見ると「もったいないことしているな~」と感じることが多いです。そこで、この記事では、よくあるダメなスタッフブログ例をいくつかご紹介していきます。

1.無料ブログで発信している

お金を支払うことが嫌なのか、それとも無料で使うことのリスクを知らないのかはわかりませんが、無料ブログでスタッフブログを展開している所があります。お決まりのブログは、アメブロやなどです。もしかして、あなたの会社も行っていませんか?

なぜ、無料ブログではだめなのでしょうか? この理由は、自社所有していないサイトにコンテンツ(情報)を公開するリスクと、自社のブランディングに何ら良い影響を与えないことにあります。

もし、今、スタッフブログを無料で展開している方は、今すぐ、自社専用のブログへと切り替えることをお勧めします。

2.会社の内輪話

「営業担当の●●が●●失敗した話」など、読み手にとって、どうでも良い情報を垂れ流しているブログも散見します。スタッフの失敗談、感じたこと、はまっていることなどは、すべてどうでもいいことです。営業担当者が会社を引っ張るマスコット的な存在でない限り、読み手である人は、すべてどうでも良い情報だと感じています。

3.「○○行った系~」「〇〇食べた系~」のお話

スタッフの誰誰さんが○○を食べた~や、○○へ行った~などもよく見る情報です。こちらも読み手にとって無価値です。貴社が取り扱う商品のマスコット的な存在で無い限り、これらの情報は、載せない方が良いです。

例えば、移動販売ビジネスを行っており、本日の出張先の紹介や、出張先で出会ったこと、感じたことなどは、読み手である読者に「価値を与えている」可能性はあります。要は、ビジネスの業態によって、発信する情報の価値が変わります。

仮のお話として、肌の悩みを抱えている人がターゲットなのに、スタッフの○○さんののろけ話を掲載しても、読者にとって「どうでもいい話」です。それよりも、どのようにすれば、肌の悩みから解放されるのか? その部分を徹底的に解説した記事を公開する方が100万倍の価値があります。

親しみを出すために情報発信をするのであれば、少しでも悩みを抱えた人が関係する内容にすることをお勧めします。

4.ある一人の主義・主張をそのまま反映

どんな小さな会社であっても、数名の従業員がいることは一般的です。もし、スタッフブログを行うのであれば、一人のスタッフに固定するのではなく、複数のスタッフでブログを運営することをお勧めします。スタッフブログを一人に任せっきりにすると、一人の考え方や感じ方、主義主張が色濃くなってしまいます。仮のお話として、その方がブログ運営に精通している+偏った考え方をもっていなければ問題はないです。

しかし、担当者がブログの書き方などを知らず「中学生のような文章」を書き綴っていれば、会社に対する評価が落ちます。特に「ブログの運営=若い女性が向いている」という誤ったイメージだけで担当者を決めると「可愛い系」や「無駄な装飾」など、ブログの本質とは、ズレた所にこだわるブログができます。この場合、貴社のスタッフブログは、ほぼ失敗します。

ブログの知識が豊富、文章の書き方、読者の現実を理解できる担当者でないかぎり、ブログの運営を任せっきりにしないほうが良いです。必ず複数の担当者で、ブログの運営することをお勧めします。

ちなみに、ブログには、投稿した記事ごとに「ページビュー数」が確認する機能があります。この機能をうまく活用すれば、誰が投稿した記事に大きな反応があったのかを知ることができます。この数字の結果を見て、貴社のブログ運営に最も適している担当者を選ばれることをお勧めします。

5.推敲されていない誤字・脱字だらけの文章

推敲(すいこう)とは、書いた文章を見直すことです。この推敲を行わないと、誤字や脱字が多い「チープなブログ」と評価されます。推敲は、記事作成時に一回、公開後、一日後に二回目、数週間後または数か月後に三回目と、最低でも3回は行います。また、このとき、できれば書いた人とは別の人が推敲することをお勧めします。

6.お店全体のレベルがわかる「幼稚な文章」

どんなに有名な大学を出たとしても書いている文章が「中学生並みの表現力」である可能性は十分にあります。これは、仕方がないことです。義務教育、高校、大学と学びを重ねたとしても「人が読みやすい文章」の書き方は習ったことがないからです。

大学名を聞けば誰でもわかる一流大学を出ていたとしても、人に理解されない文章を書いてしまうのも理解できます。ただし、理解されていない文章であれば、まだマシな方です。

発信する情報や書き方、言い回しなどによっては、とても「幼稚に感じる文章」が出来上がることもあります。人が読みやすい文章を書けるかどうかと、書き手の年齢はさほど関係しません。

20代でバリバリの文章を書ける人もいれば、還暦を過ぎた60歳でも「中学生のような文章」しか書けない人もいます。つまり、ブログの書き方をしっかり学んでいないと、お店自体が幼稚に感じられてしまう「質の低いスタッフブログ」が出来上がります。

高学歴だから~や、年齢が上だから~と、人に読まれる文章を書けるのかは別です。

7.ライバル店を否定する不快な情報

ライバル店のサービスや商品を否定する不快な記事を上げているスタッフブログも要注意です。どれだけ競合店であっても、どこの誰が見ているのかわからないブログにおいて、否定的な情報を発信することは控えた方が良いです。(仮にそれが事実であってもです。)むしろ「ライバル店のこういうサービスが気に入った」と、あえて情報公開をすることで、あなたの文章を読んだ人に好感が生まれる可能性があります。

ライバル店の否定ではなく、良いところをほめると結果的に、あなたへの信頼につながります。

スタッフブログの担当にすべき人物像

これまで説明してきた内容をふまえると、スタッフブログを運営するときは「とりあえず誰でも良いから~」のノリで担当者を決めることは、リスクがあることがわかります。では、スタッフブログを運営してもらう担当者としては、どのような人が望ましいのでしょうか。ざっくりと申し上げると、次の2つの力を持っている人です。

1.人に読まれる文章の書き方を理解している人
2.キーワードから、求められていることを推察できる人

人に読まれる文章とは「読み手の心に響くこと」です。文章が読み手の心に響けば、あなたの会社が売りたい商品、サービスなどは自然と売れます。

ただし、心に届くブログを書く上では「読み手の現実」を理解することが大切です。読み手の現実を理解するためには、2番のキーワードからニーズを汲み取る力が必要です。貴社のスタッフブログを担当する人は、少なくてもこれら2つの力を持ち合わせている方を選ぶようにしましょう!

現実店舗とスタッフブログの上手な活用方法

スタッフブログは、ウェブから実店舗への集客できる媒体として大きな力があります。ただし、集客につなげられるのかは、スタッフブログとリアル店舗の2つをうまく使い分けられるのかかにかかっています。スタッフブログは、インターネット上からの集客が得意です。

一方、リアル店舗は、現実店舗への集客が得意です。これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがあり、お互いが補完しあう存在です。

例えば、現実店舗であれば、インターネット上では、わからない「読者像」を理解するのに役立ちます。一方、インターネットであれば、質の高い情報を配信するだけで、広告費ゼロ円で地域の見込み客を集客し続けられます。これは、現実世界の宣伝広告費を削減する大きなメリットになります。これらのことを考えると、実店舗とスタッフブログは、それぞれ次のような役割があります。

現実店舗 スタッフブログ
読者層(ターゲットの)の特定
広告宣伝費 多額 0円~わずかな費用
役割 お客さんの生の反応をひろう。 現実世界では、拾いにくい見込み客を現実店舗へ流せる
特徴 ネットだけでは伝わりにくいことを伝えられる。 現実世界では説明しきれない情報を提供できる

上記の特徴で示した通り、現実店舗とスタッフブログには、それぞれのメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を理解して、両方をうまく活用することが、あなたのビジネスの成功につながります。

まとめ

スタッフブログで書くべき内容は、取り扱っている商品やサービスの利用者が抱えている悩みにこたる情報です。また、これに実店舗があるビジネスであるなら、地域情報を加えることが大切です。これにより「ある特定の分野に詳しいサイトであること」と「実店舗と地域情報」がつながり「検索ワード+地域名」で上位に表示されるようになります。

今回は、スタッフブログの説明をしてきまたが、これはエステやセレクトショップなどの集客をするためにも使える技術です。ぜひ、お金だけ取られるSEOコンサルタントに騙されるのではなく、しっかりとしたブログ運営術でスタッフブログを展開していただけることを願っています。

生業自由人公式LINE

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました