「ジェットセッター」東南アジアに行くときに予防接種は受ける?

海外旅

スポンサーリンク


経済的な発展を考えると、今後、ますます東南アジア地域に出向く方が多くなるかと思います。そんな東南アジアに行くときに心配なのが「感染症」です。いわゆる狂犬病や破傷風などへ感染するリスクのことです。そこで、この記事では、東南アジアに行くときに受けたほうが良い予防接種をまとめてご紹介していきます。

予防接種

東南アジアにおける予防接種の必要性

実際、東南アジアに行くとわかりますが、ある程度、経済発展をしたとは言え、やはりまだ「未開な部分」は多いです。道路を歩いていると「ここで一体、何が起きたのか?」と感じるほど、大きな穴が開いていたり、道端に様々な物が捨てられていたりします。決して日本も他人事のようには言えませんが、やはり日本と比べて、衛生環境が整っていないのは事実です。衛生環境といえば、感染症ですね。

スポンサーリンク


例えば、東南アジアの田舎にいくと、やせ細った野良犬がそこら中にいることが多いです。明らかに「狂犬病の予防注射」を打ってなさそうな犬ばかりです。仮に、これらの犬にかまれてしまうと「狂犬病」になってしまう可能性があります。これは決して大げさな話ではなく、特に田舎のほうにいくと、すごい確率で遭遇します。かなり嫌な汗をかくことも多いかと思います。

また、東南アジアといえば、熱帯地域です。ということで「蚊による感染」も非常に不安です。特に山奥のトレッキングツアーや川下りツアーなどに参加するときは、注意が必要です。このように少し事例を考えただけでも、何らかの病気に感染する可能性は十分にあります。もちろん、実際に病気になってから、現地の病院にかかることも一つの手ではありますが、できれば、健康に過ごしたいですね。そこで検討するのが「予防接種」です。

予防接種とは?

予防接種とは、健康状態が良いときに、あえて体の中に微量の病原菌を入れて、抗体を作らせておくことです。これにより、実際、菌が入ってきたときに、あらかじめ作られていた抗体が攻撃をして、病原菌から体を守ってくれます。要は、事後対応をするのではなく「事前」に対応しておくことです。

では、この予防接種は、どのような物を打てばいいのでしょうか? 次の2つの観点で考えるようにします。

  1. 何か月くらい行くのか?
  2. どこの国(地域)へ行くのか?

期間的な観点で考えると、目安として「一か月以上滞在するのか?」になります。一か月未満を短期、一か月を超えるようであれば、長期です。また、どこの国へ行くのか?については、渡航する地域により感染する可能性が高い病気を優先して考えるようにします。東南アジアであれば、次の予防接種を検討しましょう!

東南アジアに滞在するときに検討したほうが良い予防接種

病名一か月未満一か月以上特にお勧めする人
A型肝炎60歳未満の人全員
狂犬病噛まれたらすぐに治療を受けられない地域に住む人
日本脳炎特に田舎、ジャングル、農村地帯に行く人
インフルエンザ体調を崩しやすい人
破傷風けがをしやすい人

まとめ

  • 予防接種は、健康体に弱い病原菌を入れて抗体を作らせることです。
  • どこへ行くのか? どれくらい行くのか?の2つの観点から必要な予防接種を検討します。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました