楽天ポイントの使い道は楽天証券への投資がオススメ!

この記事は約3分で読めます。

スポンサードリンク


楽天サービスを使うと、楽天ポイントが加算されていきます。楽天は、楽天市場、楽天モバイル、楽天トラベル等、生活に必要なあらゆるシーンでサービスを提供しているため、他事業者のポイントよりも貯まりやすいです。

ポイントサービスは、囲い込み戦略の要素が強いので、あまり好きではないです。しかし、勝手にたまっていくポイントを無駄にするのも何だか気が引けます。そこで、この活用方法を色々と考えた所、楽天証券への投資が最適との結論になりました。

今回は、楽天ポイントを楽天証券へ活用するメリットをご紹介していきます。

楽天ポイント×楽天証券

楽天系のサービスを使うと、基本的に利用金額の1%が楽天ポイントとして貯まります。このポイントは、各種キャンペーンにより2倍や3倍又は、40倍程になることもあります。但し、基本は、1%分ほどのポイントがたまると考えると良いと思います。

例:10000円の利用→ 100P

支払いを楽天にまとめるとポイントがたまりやすい。

楽天は、生活インフラの様々なシーンでサービスを提供しているため、何かの商品やサービスを購入するときに楽天を選ぶだけで、意識しなくてもポイントがたまっていきます。

例えば、私の場合なら、ネット上で商品を購入するときは、楽天市場を最初にチェックします。その後、ヨドバシ、アマゾン等をチェックして最終的な判断をします。また、旅行等に行くことが多いため、楽天トラベルの利用も多いです。

スポンサードリンク


例えば、ホテルの宿泊代、高速バスの予約、レジャースポットの支払い(博物館の入園料、○○オプショナルツアーの支払い等)を楽天トラベルで探しています。そうすることで、楽天ポイントがどんどんとたまっていきます。

楽天ポイントの使い道に困る

しかし、勝手に楽天ポイントが貯まっていくのはいいのですが、その使い道に困ります。楽天ポイントは、楽天○○等の全てのサービスに使えます。

例えば、楽天トラベル・楽天市場であるなら、決済時に楽天ポイントを使用し、その分を除いた金額で購入できます。その他、ふるさと納税をするときにも楽天ポイントが貯まるし、使えます。最終的には、楽天カードの支払いにも充当できる点も覚えておくといいです。

楽天ポイントの使い道がパッとしない。

上記の通り、楽天ポイントの使い道はたくさんあります。しかし、どのポイントも楽天サービスのさらなる消費が前提になるため、大局的な観点で見ると、結局、不必要な物やサービスを購入に繋がっている節があるのでは?と感じていました。

そこで、できるだけ楽天ポイントも無駄にせず、自分の資産形成につなげる方法がないかと考えた結果、いきついたのが楽天証券への投資です。実は、楽天ポイントは、楽天証券を通して、株や債券、ETF、投資信託等を購入するときにも使えます。

私は、楽天ポイントを使い「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を購入しています。数百ポイント、数千ポイント単位でも手軽に購入がでる手軽さが良いと思います。しかも、元々、無駄に使っていた楽天ポイントを活用している為、自由気ままに投資できるのが良いと思います。

ぜひ、独身の資産形成をしていきましょう!

まとめ

楽天ポイントも無駄がないように活用した方が良いと思います! 楽天ポイントを楽天証券で使用して、少しでも資産形成につながるようにした方が良いと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました