無利子又は低利子でお金を借りる方法 10万くらいは?

生活困窮者人生に負けない知性

スポンサーリンク


「10万円ほどのお金を借りたい」このようなとき、どこに頼むのが良いのでしょうか? お金を借りるといえば、銀行です。しかし、貸付条件などを考えると、それは厳しいです。ということで、銀行の2つ目の顔「消費者金融」で高利の利子で借りる方が多いかと思います。

消費者金融の市場規模=14.2兆円、おおそ1400万人

消費者金融は、借りる人の与信と金額により、3%~最大18%の金利で貸し付ける所です。多くの消費者金融は、10万円前後の借入は、18%の上限に設定していることが多いです。銀行で借りる場合、数パーセントの利率であるのに、消費者金融は、それの何倍です。できるだけ利用したくないです。そこで、この記事では、お金が枯渇したときに使える自治体の支援制度をご紹介していきます。

生活困窮者

自治体の無利子または低利子貸し付けを利用する。

なぜ、消費者金融でお金を借りると、利子が高いのでしょうか? まずは、消費者金融の実態を理解し、利用するべきではない理由を明確にしましょう。そもそも消費者金融とは、銀行の「裏の顔」です。消費者金融のホームページや各種案内ページを見ると、小さな文字で「●●都市銀行グループ」などと書かれているはずです。実は、銀行が消費者金融を営業しているのです。

なぜ、消費者金融を営業するのか?

銀行は、お金を貸して、その利子でビジネスをする所です。であれば、お金を借りに来てくれたら喜んで貸し付けると思いがちです。しかし、もちろん、銀行側にも選ぶ権利があります。「お金を返してくれなそうな人には、一切、お金を貸さない。」これが基本的なスタンスです。

スポンサーリンク


では、お金を返してくれなそうな人には、お金を一切貸さないのかというと、そうではありません。あくまで「銀行」として貸し付けるのは、無理なだけであって「消費者金融」としての貸付であれば、貸してくれるのです。一体、銀行としての貸し付けと、消費者金融としての貸付には、どのよな違いがあるのでしょうか?

利子の低さは信用の高さを示す。

銀行などからお金を借りると、必ず利子を支払います。このときの率は「借りている人の信用度、つまりリスク」を基準に設定します。貸付つけるリスクが高い人ほど、率を高くし、万が一、お金が返済されないことに備えます。まさにこれが銀行と消費者金融の違いです。

銀行は、

銀行として貸し付けるときは、安全な人を選ぶ。よって利子が低い。
消費者金融として貸し付けるときは、多少リスクがある人を選ぶ。よって利子は高い。

要は、消費者金融は、少なくてもお金の面で落第点の人たちを相手にするため、お金を貸す方も非常にリスクが高いです。そのため、利息制限法の上限である18%に設定をして、お金が返済されないときのリスクを加味しているのです。もし、消費者金融でお金を借りるときは、あなたがこれまでどんなに金融的に優秀な人であっても「金融落第生」として扱われてしまい、高利でお金を借りなければならないのです。

現在、あなたは、明日のご飯を食べるほど、生活に困窮しています。その上で、高利な消費者金融でお金を借りてしまえは、返済が非常に厳しくなります。だからこそ、あなたは、別の方法を選ぶ必要があります。それが自治体が運営する「生活困窮者のための貸付制度」です。

貸付制度とは?

もし、あなたが失業などによって、明日の生活が困るほどお金がなければ、迷わず住民票がある自治体に相談にいきましょう。自治体に行けば、様々な支援をしてくれる可能性があります。お金の支援であれば、以下の2つの貸付制度があるはずです。自治体ごとに運営目的や名称等は違う可能性がありますが、必ず生活困窮者のための貸付金制度はあるため問い合わせをしてみましょう。

  1. 緊急小口資金貸付
  2. 生活福祉資金貸付制度

生活をする上でのお金に困っている状態で駆け込むのは、消費者金融ではなく、各自治体の「福祉課」です。

まとめ

  • 利子の低さは、借りての信用度の高さを示す。
  • 銀行の2つめの顔は消費者金融
  • 消費者金融は、リスクがある借り手にお金を貸しているから利子が高い。
  • もし、生活資金に困窮しているなら自治体の「福祉課」へ行くべき。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました