国税庁(税務署)からの詐欺メール 未払い税金のお知らせが届く件

この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

ある日、突然、国税庁なる機関から電子メールが送られてきます。

「まだ税金払っていないので今すぐ、払ってね!」「このメールは、国税電子申告納税システム(e-Tax)を登録している方にお送りしています」

など、いかにもそれっぽい内容です。おそらく、このメールを受け取った方の何パーセントかは、メールの内容を信じて手続きをしてしまうのでは?と予想しています。

そこで、今回は、国税庁の詐欺メールの内容をご紹介していきます。メールの中身を冷静に見ると、ツッコミどころ満載の「中国製」であることがわかります!

国税庁を語る詐欺メール

ある日、Gメールの受信ボックスを見ると、見慣れない件名のメールが…

国税庁 詐欺メール

ネットに慣れている人は、すぐに詐欺メールだとわかりますが、慣れていないと、ついつい開封してしまいますね!

結論:国税庁がメールで税金を催促することはないです。すぐにメールを削除してもOKです!また、この手のメールには「開封通知」が仕込まれていることが多く、メールを開くと、送信元に有効なメールアドレスであることがばれます。

詐欺メールは、開封せず、ゴミ箱が鉄則です!

ただ、今回は、あえて開封して、このチープでツッコミ所満載なメールの中身を共有しますね!

国税庁からの詐欺メールの中身

■スポンサーリンク


メールは、文章の冒頭から国税通則法等など、それっぽい言葉を羅列し、メールが国税庁から発信されたかであるように見せかけています。また、具体的な金額、期限等まで表示し、読み手に「これ、やばいんじゃない?」と錯覚させる内容です。

最後は、手続きのリンクとして、具体的なURLを表示しています。但し、よく見ると、メールの文章は、ツッコミ所が多く、いかにも「外国製」であることがわかります。

国税庁 詐欺メール

ツッコミどころ満載で楽しい詐欺メール

この手のメールは、日本語がおかしいです。確実に、日本人以外がメールを作成しています。それほど、内容がひどいです。

  • 「アクャス」って何よ??
  • なぜ、手続き先のリンクが「.CNドメイン(中国)」?
  • 本メールは送信専用と記載しているのに、入金後、連絡くださいとは、どういうこと? 矛盾していませんか?笑

と、難しい法律のことを知らなくても、それ以前の部分でツッコミどころ満載です。もう少し頭の良い詐欺師は、いないのでしょうかね?? 明らかに小学生レベルの駄作です。

国税庁がホットメールから送信している笑

そして、最大のツッコミ所が送信元ですね! 日本の国税庁がメールを送信しているのに、なぜか一民間企業のホットメールを使っています笑 もうここまでくると笑えますね! 詐欺師は、もう少し頭の良い人がやる物だと思っていました。

国税庁 詐欺メール

詐欺メールは無視一択

上記の詐欺メールは、レベルが低すぎます。開ける価値もないです。すぐにゴミ箱に捨てましょう。なお、万が一、開封してもグーグルの迷惑メールフィルターが赤帯で警告表示してくれるので過度な心配は無用です。

開封したとしても警察や消費生活センターに連絡するのもやめましょう!駄作の詐欺メールであるため、関係機関に負担をかけるだけです。開封しても無視して、ゴミ箱に捨てれば良いです。それだけです。それ以上は、一切、何もないです。

参考情報:クロームでリンク先をクリックすると警告画面が表示される

国税庁 詐欺メール

 

まとめ

  • 国税庁を語る詐欺メールに注意
  • とはいえ、完成度は小学生の夏の宿題レベル
  • ツッコミどころが満載であり、無視の一択。
  • 基本は、メールを開封せずに、すぐにゴミ箱へ入れよう。
  • 万が一、開封しても大丈夫!メール内のリンクはクリックせずゴミ箱へ
生業自由人公式LINE

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました