記事の作成を外注!ブログの成長を加速させる方法

成長 イメージブログ集客

スポンサーリンク


どのようにすれば、ブログの力(ドメインパワー)をアップできるのでしょか。実は、このドメインの力がアップする明確な基準は、誰にも分りません。基本的に、質の高い記事を上げ続けることが最も重要だと考えています。しかし、中小企業の場合「豊富な人材もいない」「資金が少ない」ため、質の高い記事を書き続けることは難しい場合が多いです。そこでお勧めするのが「記事作成の外注化」です。

「記事の外注」とは、外部の人に記事の作成をお願いすることです。具体的には、こちらが指定するテーマにそって、一記事1000円というように、記事を作成してもらいます。作成してもらった記事は、貴社が所有するブログで公開します。他人が作成した記事を貴社のサイトにのせることによって、一気にブログの成長を加速できます。

そこで、この記事では、ブログの記事を外注化することによる「パワーブログ化」の手順と注意事項について詳しくご紹介していきます。

集客ブログ

記事の作成を外注化して、ブログの成長を加速させる方法

貴社のブログが力をつけるには、質が高い記事の公開は欠かせません。(参考リンク:心に響くブログの書き方)しかし、質が高い記事を書こうとすると、なかなか思うようにいきません。仮に、うまく記事を作成できたとしても、一記事を書くのに4~5時間がかかります。さらに、少なくても一年ほどは「本当に、こんなことをして意味があるのか?」と思いながら書き続かなければなりません。

「質の高い記事を書き続けること」がブログを成長させる唯一の方法です。ブログへ投入する労力は、想像以上であり、辛く長い戦いになることを覚悟しておく必要があります。ただし、本音の部分で言えば、業務でブログを運営するときは、最短、最速で結果を出したいですね。そこで活用するのが「外部人材」です。

外部に所属する人にブログで必要になる記事を書いてもらい、それを自社ブログに公開します。これによって、社内には、ブログ運営のための人材を雇う必要はありません。また、記事だけではなく、多様な知識を外部から取り入れることによって、効率的にブログの力を向上できます。ブログ執筆にかかる時間、必要な知識、投資金などを考えて、外注化を考えます。

では、先ほどから申し上げている「質が高い」の質とは、どのような意味でしょうか?

仮に社内の人間が執筆のために多大な時間を費やしてしまい、他の業務に影響が出ているのであれば、専属の人をもう一人雇うか、外部の人材に協力してもらうようにします。やはり、かけている時間と、得られる結果(質の高い記事)のバランスが大切です。 ブログを成長させる唯一の方法 → 質が高い記事を上げ続けることです。

記事の質が高いとは?

小さな会社がブログを運営するときは、ブログへの投入時間と、作成できる記事の内容(質)のバランスを考えます。バランスが悪ければ、外部の手を借りる必要があります。では、先ほどから説明している「質が高い記事」とは、どのようなことを言うのでしょうか? 質の高い記事を一言で言うと「検索ユーザーの悩みや目的に、最適な答えを届けている記事」のことです。

例えば「新宿 二人 レストラン」と検索しているユーザは、どのような目的があると思いますか? もちろん、新宿界隈で二人で食べられるレストランを探していることはわかりますね。その他、あえて「二人」と指定している所から「カップル」や「ある特定の人」と静かに料理を食べられることを望んでいることがわかります。つまり、この検索キーワードに対する質の高い記事を書くのであれば「新宿で二人きりの個室があるレストラン情報」です。

もちろん、さらに深読みをすれば、そのレストラン後に行く所の情報なども合わせて掲載してあげれば、よりユーザーにとって役立つ記事になります。

では、別のキーワードで考えてみましょう。「四十肩 近く」という場合であれば、いかがでしょうか? この場合は「近く」というキーワードからわかる通り、検索ユーザーがいる現在地から近くにある四十肩を治療できる情報を欲しがっています。

2つのキーワード事例からもわかる通り、質が高い記事とは、ユーザーが求めている情報に応えていることを言います。より専門的に言うなら、ユーザーが求めていることを縦方向に深く追求した情報(専門性を高める)、かつ、横方向にも追求した情報(網羅性を高める)を届けることです。この縦方向と横方向にしっかりと答えることが「質の高い記事」の条件です。

実務上、質が高い記事を書くときに問題になる2つのこと

上記で述べた通り、貴社のブログに力をつけるには、質の高い記事を書き続けることが条件です。質の高い記事とは、ユーザーの検索意図を理解して、縦方向(専門性)と横方向(網羅性)に詳しい情報を書くことを言います。ただし、実際の所、日々の業務の中で、質の高い記事を書くことは難しいです。主な理由ととしては、次の2つがあります。

問題1.有名大学を出ている人でも、人が読みたくなる文章は難しいです。

どんなに有名な大学を出ている人でも、人に伝わる文章をスラスラと書けるわけではありません。学歴と文章の質は、全く関係はありません。そもそも、これまでの学校生活では「人に伝わる文章の書き方」について学んだことがないからです。

スポンサーリンク


どんな人でも最初から文章をスラスラ書けるわけではありません。このことを理解していない社長などは「キミは○○大学だからうまい文章をかけるでしょ!?」と勘違いしてしまい、いつまでも質が低い文章を外部に公開してしまうことになります。しかも、記事の質が低いことを書いている本人だけではなく、社長なども気づきにくいことがさらに問題です。

問題2.日々の業務に忙しくて、なかなか書けない。

中小企業は、資金的な余裕がないため、できるだけ少ない人数で業務をこなしています。そのため、良い記事を書きたいとは思いつつ、なかなか思うように、記事の質を上げることは難しいです。グーグルは、記事の質が高いか低いかで判断します。貴社の背景にある事情まで読み取ってくれるわけではないため「心に届くブログの書き方」などを参考にして、文章作成の練習をする必要があります。ただし、中小企業には、そのような時間がない。これが二つ目の問題です。

以上の2つが中小企業が質の高い記事を公開できない主な理由です。このような問題を考えると、やはり、記事の作成は「外注化する」のが賢明だとわかります。ただし、記事の外注化をするときは、2つほど、大きな注意点があります。

記事の作成を外注化するときに注意するべき2つのポイント

記事の作成を外注化すれば、中小企業であっても、ある程度のレベルを保った記事を公開できます。ただし、外注化するときも2つほどの注意点があります。

  1. 記事の質の問題
  2. 記事の重複の問題」

1.記事の質の問題とは?

記事の作成を請け負う人は、実に様々です。ママさん、大学生、そして会社員やOLなどの立場の方がいらっしゃいます。これらのライターさんのレベルは、ばらつきがあります。ライターの中には、他人の記事を丸ごと盗作したり、文章のレベルが極めて低かったりする人がいます。そのあたりの「当たり、はずれ」があることを理解しておきましょう。

もし、ライターさんの記事レベルを知りたければ、本契約の前に「見本文」を書いてもらいます。その文章と「心に届くブログの注意点」と合わせて、どれほど再現されているのかを確認してみます。もし、いくつかの指摘で直る程度であれば、その方と本契約をされると良いと思います。逆に、あまりにもレベルが低ければ、残念ですがお願いしない方が良いです。

2.記事の質と重複をチェックします。

グーグルが最も嫌うことは「人のコンテンツの盗作」です。どこの人が書いた文章を丸パクリするのはもちろんのこと、少しだけ修正した文章なども「すべて盗作扱い」として、見つかり次第、ペナルティを課します。ここでいうペナルティとは、グーグルやヤフーの検索結果から追放されることを意味します。一度、追放されてしまうと、ほぼ回復は不可能であるため、貴社が取得した「ドメインがゴミ」になってしまいます。

「そんな盗作なんてしないよ」と思われましたか? 実は「記事の外注時」に知らずに盗作してしまう可能性があります。先ほども述べた通り、記事のライターさんは、しっかりとした人もいれば、文章を丸パクリした文章を納品する人もいます。仮のお話として、そんな丸パクリコンテンツを公開してしまうと、あなたのサイトが「盗作して公開したこと」になり、グーグルから厳しいペナルティが課せられることなります。

大切なことであるため、もう一度申し上げます。グーグルは、盗作コンテンツを嫌っています。仮に依頼したライターが、盗作記事を貴社に納品したとします。貴社は、納品された盗作記事を公開してしまいます。すると、貴社がグーグルからペナルティを受けるということです。盗作文を作ったライターに責任があるのではなく、そんな盗作文を見抜かず、世の中に盗作記事を公開した貴社に責任あります。

このような事実をふまえると、最初にライターの選定を十分に行うことはもちろんのこと、納品してもらった記事が「盗作された物でないか?」をチェックすることが重要です。その盗作チェックに有効なツールが「文章のコピーチェックツール」です。納品された記事が本当に盗作されていないのかを「重複率」という数値で確認できます。この重複率がある一定レベル以上であれば、どこかの文章をコピーしている可能性が高いです。

コピペチェック

記事の外注先を探す方法

これまで説明した通り、なるべく最短でパワーブログにするには、質の高い記事を外部の力を借りて公開し続けることが重要です。ただし、この外部の力を借りるにしても、ライターの質と、できあがる記事の質の2つに注意することが重要です。

では、この2つに注意した上で、どのようにして外部のライターを探せばいいのでしょうか? 様々な方法がありますが大きく分けると「クラウドワークスでのライター募集」と「記事作成をワンストップで行うサービスの利用」の2つがあります。

クラウドワークスは、記事の代行作成に限らず、さまざな分野の仕事を個人が請け負ってくれるサイトです。ライターの過去の実績が確認できたり、お金のやり取りも「エクスクロー」という仕組みを取り入れているため「入金したのに記事が納品されない」ということにもなりません。

一方、記事作成のワンストップサービスとは、ライターを管理するのでなく、あくまで「指定するテーマの記事」の納品してもらうことです。クラウドワークスは自社がライターを確保して記事の納品をコントロールしなければならない一方、ワンストップサービスは、それらの管理は一切不要です。煩わしい盗作チェックなども終えられた記事が納品されるため、色々な意味で安心ができます。

ソーシャルワークサイト例:サグーワークス、クラウドワークス、ココナラなど。

まとめ

あなたのブログの成長を加速させる方法をご紹介してきました。グーグルに評価されるサイトは、人の悩みや要望に応える情報を公開する所です。これがいわゆる「質の高い記事」です。

中小企業がブログをするときは、この質の高い記事を上げることは難しいことが多いです。そこで外部人材の力を活用します。外部の人材に記事を書いてもらい、それを自社のブログで公開をします。このように一部のブログ業務の一部を外注化することにより、貴社のブログは大きな力を持つことになります。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました