企業ブログの作り方 高額なコンサル不要!月々1,000円で運用

ウェブサイト イメージブログ集客

スポンサーリンク


ネットから自社の商品やサービスの見込み客を見つけるには、ブログによる情報発信が効果的です。しかし、ここで言うブログとは、誰でも無料で利用ができるアメブロではありません。ドメイン(会社専用のURL)とサーバー(ホームページを公開するためのウェブ倉庫)を借りて、自社が100%所有する有料ブログです。

そこで、この記事では、企業におけるブログの作り方、作るときのポイント、知識などをご紹介していきます。この記事を基にして、ご自身でブログを立ち上げることができれば、貴社へ営業活動してくる「SEOコンサル会社」や「ホームページ制作会社」に対して、無駄な費用を支払う必要がなくなります。

ウェブサイト イメージ

企業がブログを作るときの手順

企業が売り上げの拡大や自社商品を宣伝する方法として、ブログでの情報発信は有効です。ただし、ブログと一口にいっても無料で利用できる物から、月々○○円~と、有料で利用できる物など、その種類は様々です。ここで気を付けていただきたいことは、企業ブログを作るときは、「自社が100%所有するブログ」にすることです。

ブログを大きく分けると、無料の物と有料の物があります。無料ブログで代表的な物が「アメブロ」と呼ばれるサイバーエージェントさんが運営しているブログです。一方、有料ブログとは、2017年現在、ワードプレスというシステムを使ったブログのことを指します。この両者は、どのような違いがあるのでしょうか?ざっくりと説明すると、次のような違いがあります。

無料ブログと有料ブログの違い

まずは、月々に係る費用の違いです。アメブロは無料で使えますが、ワードプレスは、月々1,000円ほどの費用がかかります。しかし、アメブロは無料で利用できる反面、大きなデメリットがあります。それが「ブログに表示される広告」です。実は、アメブロは、無料で利用できることと引き換えにして、投稿されている記事上に、アメブロの広告を表示します。しかも、表示される広告の内容は選べないため、貴社のイメージを損ねる広告が表示される可能性も否定できません。

その点、ワードプレスは安心です。貴社が100%所有しているため、他者の広告などが表示される可能性は一切ありません。また、デザインなどの制限もないため、貴社のブランドに沿ったデザインのブログにしたり、お好きな方法で宣伝したりできます。それだけではありません。アメブロを使わない方が良い理由は、記事の所有権と、アカウント削除のリスクにもあります。

アメブロは、誰でも無料で利用できる反面、ブログ内に勝手に広告が表示されてしまいます。無料で利用しているわけですから仕方がないことですね。むしろこれよりも致命的なのが「記事の所有権」にあります。実は、アメブロに投稿したブログ記事の所有権は、アメブロに所属することになります。したがって「キミのアカウントを削除する」とアメブロが判断すれば、これまで公開した記事を含めて、ごっそりと削除されてしまう可能性があります。

人件費をかけてスタッフブログを公開したにも関わらず、アメブロの一存ですべて削除されてしまうのは非常にリスクがありますね。以上の理由により、企業ブログは無料ではなく、有料ブログで運営する方が良いです。特に、若い世代にすべてを任せると、無料で利用できるアメブロを選択する可能性が高いです。

しかし、このような無料ブログは、企業リスクの観点から、とても問題です。安易に無料ブログを利用していないのか、チェックされることをお勧めします。

アメブロワードプレス
月々のお金無料月々1000円ほど~
記事の所有権アメブロ自社
記事が消えるリスクアメブロ次第ほぼゼロ
企業ブログは、無料ではなく、有料で運用します。

なぜ、企業ブログが必要なのか?

企業としてブログを運営するのであれば、有料で行うのが鉄則です。月々、わずかな費用をケチるだけで、将来的に大きな損失になるのは「愚の骨頂(この上なく、ばかげている行為)」です。では、ここであなたに質問をします。

なぜ、企業ブログが必要だと思いますか? 別に企業ブログを立ち上げなくても、ポスティングやチラシ、折り込みチラシなどを活用すれば、宣伝はできるはずです。この答えを知るためには、ポスティングなどによる情報発信と、ブログによる情報発信の違いを理解することが大切です。

ポスティングやチラシは、単なる企業の売り込みです。じっくり見たとしても売り込み以外の情報が含まれていることはありません。一方、ブログの場合は、貴社が取り扱っている商品やサービスを必要とする利用者に役立つ情報を届けることにあります。これは、売り込みしかできないポスティングやチラシなどとは大きく違う点です。

チラシやポスティングは、単なる宣伝情報である一方、企業ブログは、商品を必要としている利用者のお困りごと・悩み事を解決するための情報を発信できます。つまり、「売り込まない営業活動」をする上では、企業ブログは絶対不可欠な媒体であるということです。

関連記事:スタッフブログは、どうあるべきか?

すでにホームページがあるから大丈夫!?

これまでの説明で企業ブログの大切さをお分かりいただけたはずです。しかし、このようなことお伝えしても「うちはすでにホームページがあるから大丈夫」と言われる方が意外に多いのも事実です。しかし、そのようなことを言われる方に限って「何年も更新されていない腐敗臭が漂うサイト」をお持ちになっていることが多いです。

腐敗臭が漂うサイトとは、ホームページを作ったけれど、何の反応もなく、一切情報が更新されていない「半死状態」のブログを指します。余りにも情報が古いため、当サイトでは、ハエが飛んでいる「腐敗臭が漂うサイト」と表現しています。

このようなサイトの特徴は、見る価値がない情報ばかりが掲載されていることにあります。つまらない「代表挨拶」から始まり、自社資本金と取引先の自慢、さらには、分かりずらい商品やサービス紹介などを掲載していることが多いです。

スポンサーリンク


「ホームページがない」と言い切っても良いほど、中身がないことが多いです。このようなことを考えると、すでにホームページがあるから大丈夫と考えるのではなく、これからゼロベースで「反応が取れるブログ」を立ち上げるつもりで頑張っていただきたいと思います。ただし、新しくブログを立ち上げるからと言って、高額なSEO会社(ホームページ作成会社含む)に依頼する必要はありません。

無知につけこむ高額SEO会社(ホームページ作成会社)の罠

これから新しいブログを作るとしても高い制作料を支払って、ブログを作る必要はありません。後ほど、説明するドメインとサーバー、ワードプレスというブログシステムを使えば、誰でも低予算で、あっという間にブログを作れます。新しくデザイナー、プログラマなどを雇う必要はないです。誰でも簡単に、ほぼ無料で用意できる環境が整っています。しかし、この事実を伏せて、あなたの会社と高額なコンサル契約を結ぼうとする会社はたくさんあります。

例えば、SEO(検索エンジン対策)のコンサルを提供している会社であれば「お宅のホームページを上位に表示します」などと営業をかけてきます。コンサル費用は、月々1万円~5万円の費用を請求してくるわりに、良い結果が出ることは少ないです。

また、ホームページ作成会社であれば「お宅の会社のサイトデザインを変更しませんか?」などのアプローチで営業をかけてきます。もちろん、すべての業者が悪いわけではありませんが、コンサル契約をしたとしても90%以上は、無意味な結果になるため、控えられることをお勧めします。

こんなことを言うと、業者に怒られるかもしれませんが、ウェブ上で集客ができないため、貴社に電話でアプローチしているわけですよね? ウェブ集客のサポートを売りにしているにも関わらず、自らそれを否定する行動に出ていることに気づかないのでしょうかね。SEOコンサル会社の言っていることと、その行動には、大きな矛盾があると思いませんか?

上記のことから、企業ブログを立ち上げるときは、どこかのホームページ制作会社に依頼するのではなく、まずは貴社自身で立ち上げるようにしてください。

SEOコンサル会社は、ウェブ集客のサポートを売りににしてるのに、しつこい電話営業をしています。この事実をどのように受け止めますか? 本当にウェブ集客の達人であれば、そもそも論として、電話による営業をしてこないはずです。

意外に安い!? 企業がブログを運営するときの費用

自社で企業ブログを立ち上げるときは、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。主な費用としては、ドメイン代金、サーバー費用の2つです。

ブログ機能である「ワードプレス」は誰でも自由に無料で使えるため、ドメイン代金+サーバー費用が有料の企業ブログを運営するときのランニングコストです。ワードプレスには、ブログを運営するための全ての機能が入っています。基本的なデザインもすべて含まれているため、新しくデザイナーにお願いすることもありません。基本デザインのまま使えば、ブログ運営自体は、無料でできます。

いかがでしょうか。もしかすると、現在、どこかのホームページ管理会社に「保守メンテナンス費用」として、月々いくらかの費用を支払っていますか? 実は、そんな保守費用は一切不要です。実際のところ、管理会社が保守メンテナンスなどを行うことは、ほぼありません。単なる継続課金にしているだけですから、不要であればズバッと解約されることをお勧めします。

ドメインの代金年間で1000円
サーバーの費用年間で12000円
ワードプレスの費用無料

企業ブログの立ち上げ手順

企業ブログを立ち上げるときは、月々わずかな費用を支払うだけです。では、実際に企業ブログを立ち上げるときは、どのような手順で行えばいいのでしょうか。用意する物は「1.ドメイン」「2.サーバー」「3.ワードプレス」の三つです。このうち、有料課金の契約をするのは、ドメイン会社とサーバー会社だけです。ワードプレスは、誰でも自由に利用できるため、お金を支払う必要はありません。

全体の立ち上げ手順は、次の通りです。

1.ドメインを作ります。
2.サーバーを用意します。
3.ワードプレスをインストールします。

1.ドメインを作ります。

ドメインとは、世界に一つだけ存在するURLのことです。世界に一つだけしか存在しないため、自社が所有する資産としての価値があります。(力があるドメインは、何十万円または何百万円という単位で売買されるほど、資産価値があります。)貴社は、資産価値ゼロのドメインを取得して、その中に世の中の人に役立つ価値ある情報を詰めこんでいきます。ちなみに、生業自由人であれば「https://nariwai-jiyujin.com」がドメインになります。

取得できるドメインは、完全自由です。貴社の商品名、会社名など、好きなように文字列を作れます。ただし、実際に考えた文字列のドメインをとれるかどうかは別の問題です。先ほども述べた通り、ドメインは世界に一つだけ存在する物です。したがって、貴社が取得しようとしているドメインをすでに誰かが使っていれば、取得はできません。まずは、ドメインが取得できるのかどうか「ムームードメイン」でチェックしてみましょう!

2.サーバーを借ります。

サーバーとは、貴社のホームページを保存しておくためのウェブ上の倉庫です。この倉庫に対して、一番のドメインを紐づけたり、3番のワードプレスを登録することによって、ブログを作れます。

サーバーには、月々250円で使える物もあります。しかし、後々、アクセス数が上がってきたときのことを考えて、最初から「Xサーバー」を借りることをお勧めします。私自身、最初は、安いロリポップというサーバーを契約していたのですが、アクセス数の増加によりXサーバーに移転した経験があります。サーバーの移転には、それなりの費用がかかるため、やはり最初からある程度、大きなXサーバーを契約することをお勧めします。

また、「Xサーバー」は、値段の割に、ホームページの表示速度も速いことで有名です。なるべく安い費用にしたい気持ちもわかりますが、ここでは最初からXサーバーを申し込まれることを強くお勧めします。

3.ワードプレスをインストールします。

ワードプレスとは、誰でも簡単にブログ投稿ができる仕組みを丸ごとパッケージにした物です。ブログ機能自体が一つのパッケージに入っているため、ワードプレスをサーバーに登録するだけで、ブログ投稿から基本デザインまで、すべてが整った状態でスタートできます。あなたが行うことは、ワードプレスに対して、ほんの少し初期設定をするだけです。数分設定をすれば、スマホやタブレット、パソコンなどに対応したブログを始められます。

以上の1,2,3で、貴社が所有するブログをスタートできます。もし、上記の説明を聞いても難しく感じられるときは、弊社の「独自ドメインブログ立ち上げサポートサービス」をご検討ください。サーバーの取得、ドメイン取得、サーバーの設定、ワードプレスの初期設定などを含めて提供しています。基本的な設定もすべて完了しているため、あとはブログ投稿を行うだけの状態になっています。

まとめ

企業ブログを作るときは、ドメインを取得する→サーバーを借りる→ワードプレスを入れるの3つの順番に従うだけです。これだけで、誰でも簡単に体裁が整った独自ドメインブログを所有することができます。文章中でも申し上げた通り、記事の所有権などを考えると、無料ブログで行うことは極めて大きなリスクがあることがわかります。有料ブログといっても、月々1000円足らずのことですから、必ず有料ブログで運営するようにしましょう!

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました