小さな会社のウェブ活用方法 とりあえず、無料のアメブロでいいよね?

ブログブログ集客

スポンサーリンク


「わが社も対外的な情報発信に力を入れたい!でも、どうすればいいのかわからない」このような悩みを抱える方は多いです。実際、対外的な情報発信を検討するために、ウェブ上で情報を探してみると「アメブロが良い」「YouTubeが良い」「動画が良い」「フェイスブックがいい」「ツイッターがいい」など、たくさんの方法を目にします。しかし、ウェブが苦手な人からすと、これらの情報を見たところで、いまいちピンとこない方も多いと思います。

そこでこの記事では、ウェブ上で情報発信する方法をご紹介していきます。「フェイスブックが良いやアメブロが良い」などの表面的なお話ではなく、もう少し本質的な情報を説明します。

小さな会社がウェブ上で目立つための正攻法

対外的な情報発信力を高めるために、会社のホームページを設置する会社は多いです。自社専用のホームページアドレスを取得して行う会社、無料のブログを活用する会社、フェイスブックやツイッターなどを活用する会社など、会社の方針ごとに何を使うのかが変わってきます。しかし、いずれの発信方法を使う場合でも「発信するべき情報の本質」をとらえておくべきことが大切です。

小さな会社が発信するべき情報とは?

小さな会社は、資本力や人力などで大企業に劣ることが多いです。しかし、ウェブ上のアピール方法においては、大企業との差は努力次第でどこまでも縮めることができます。皆さんもご存知の通り検索エンジンのグーグルは「ウェブ上では、利用者にとって最適な情報を提供すること」にこだわっています。広告費を投入してくれるから~などの理由から、一部の企業を有利に取り計らうこともありません。利用者にとって最適な情報を検索結果の上位に表示するようにしています。

では、この最適である情報とは、どのような物なのでしょうか。一言でいうと「利用者の抱えている悩みを解決する情報」を提供するものです。結局のところ、あれやこれやと検索エンジン対策をしても、利用者が求めている情報をどこまで提供できるのかがポイントです。どれだけウェブ広告費を投入しても、発信する情報がずれている限り、お金や時間をドブに捨てることと同じです。

例えば、あなたが何かの商品を販売することをゴールとするウェブ発信をするします。このときに発信するべき情報は、その商品を購入する人(見込み客)が抱えている悩みに応える情報です。見込み客の悩みを解決するための情報を提供すると、結果としてあなたの販売したい商品が売れます。それだけではありません。

もし、地域ビジネス(例:マッサージ、美容院、便利屋など)を展開しているのであれば、商品やサービスを利用する見込み客の悩みを解決する情報に加えて、地域に暮らす上で役立つ情報を提供することも重要です。見込み客が抱えている悩みの解決情報と、地域で暮らすための役立ち情報を提供することで「あなたのビジネスと地域」がつながります。

では、この情報を発信するためのツールとしては、どのような物があるのでしょうか? ツールの特徴などから、小さな会社にとってどのような物を使えばいいのかをご紹介していきます。

情報発信するためのツール

小さな会社が対外的に発信するべき情報は、お客の悩みに応える情報です。地域に根差したビジネスであれば、これに加えて、地域独自の情報を発信するようにします。ひたすら宣伝情報を流すなど、お客にとって「迷惑な情報発信」をすべきではありません。「道具」を使って、どれだけ質の高い情報を提供できるのかがポイントです。

2017年現在、情報を発信するための道具としては、次のような物があります。

  1. ブログ
  2. YouTube
  3. ツイッター
  4. LINE@
  5. メルマガ

よく「これからは動画の時代だ!」と主張する人がいらっしゃいます。しかし、その主張は本質的な部分を見失った物である場合が多いです。先ほどから何度も申し上げている通り、重要なことは、何の道具を使うのか? ではなく「お客の悩みに応える情報を提供できているのか?」 使うべきツールは、この悩みに応える情報を最も効率的に届けられるのかを基準に考えます。

例えば、若い世代に向けて発信するときは、ラインを使った提供が適しているかもしれません。一方、シニア世代であるなら、大きな文字で確認ができるブログから発信することが最適なのかもしれませんね。ポイントは、あなたの見込み客になるであろう方に「最も効率的に届けられる道具(情報発信するためのツール)」を使うことです。それぞれの道具の特徴は次の通りです。

ツール名メリットデメリット活用方法
有料ブログブログを始めるにあたり、大きな初期コストや運営費はいりません。小さな会社が継続的な利益を得るための最も確実な情報発信方法です。ブログは、悩みに応えるための情報を記事としてストックできる機能があります。

商品の見込み客が検索で使いそうなキーワードで上位に表示されることによって、あなたのサイトのファンになり、それが商品の購入につながります。

通常、検索サイトの上位に表示されるためには、広告費を支払うか、読者にとって有益な情報を提供するのかのどちらかになります。

ブログを使った情報発信は、後者の有益な情報を提供して上位表示を目指せます。

検索結果の上位に表示されるためには、それなりの努力が必要です。質が低いページを量産するだけでは、投資する時間だけ無駄です。

ブログを始めるからといって、大きな投資が必要になるわけではありませんが、このブログをしっかりと作り上げられる人材はなかなかいないのが現実です。また、ブログに費やす時間も大きなものになりやすいです。

見込み客の悩みを解決する情報を公開していき、検索結果の上位に表示されることを目標とします。つまり、これは「見込み客の抱えている悩みを解決する情報」を追求することになります。

少しずつ情報が蓄積されることにより、小さな会社であっても、ある特定の分野でウェブ上で露出することは十分に可能です。

もし、露出に成功すれば、ブログで何らかの案内をするだけで集客できるようになります。また、提供するサービスや商品も宣伝無しで勝手に売れる状態になります。

YouTube文字だけでは表現できない情報を動画にして公開できます。「記事を読むのは面倒!」という方も動画であれば、見てもらえる可能性がぐっと高まります。

また、動画であれば、ブログなどでは表現できない「人間性」なども伝えることができます。

動画の公開自体は、誰でも無料で簡単にできます。問題は、動画を作成するときの手間です。

一本の動画を作るためには、構成、撮影、編集の少なくても3ステップを経なければなりません。日々の業務の中での兼任として行うのは、かなりつらいと思います。

また、動画自体の編集などにも技術が伴うため、どんな会社でも気軽に始められるとは言えません。

自社の持っている技術を使った「おもしろい動画」を作るようにします。間違っても社長などが動画に登場して「つまらない話」をする動画を作ってはいけません。

ポイントは、自社を宣伝しつつ「見てて面白い」「きれい」などと感じような動画を作ります。

例えば、造園屋さんであれば、ショベルカーを使った「一筆書き動画」などを作ることができます。ショベルカーの先に小さな筆をつけて絵を描くというものです。

スポンサーリンク


これは、その挑戦をすることによって、自社のショベルカーの技術力を自然にアピールすることになります。 参考動画:AsahiKASEI

ツイッター ブログとして発信するまでもない情報を気軽に発信できます。発信できる文字数に限りはありますが「情報を拡散する力」があります。良くも悪くも発信する力が強いです。発信する情報によっては「炎上騒ぎ」になる可能性があるため注意が必要です。

会社としてツイッターを利用するときは、どのような運用ルールで発信していくのかを決める必要があります。

 ブログに新しく記事を公開したときに、そのお知らせをしたり、社内のイベント情報を出すときに発信したりします。ツイッター上で何らかの情報を紹介するというより「呼び水」としての使い方が良いです。
LINE@ LINEを使っているユーザーに、情報を発信できる機能です。利用者としては、メールアドレスなどの登録が不要で、普段使いのLINEをそのまま利用できます。

お店としては、誰でも使っているLINEで情報を発信することによって、購読率が高まります。また、LINE@の中には、販売に役立つ様々な機能が提供されています。

LINE@の中での情報発信となってしまいます。人様が所有している機能であるため、ついついLINEのルールに振り回されてしまいます。

また、LINE@を使うということは、メールアドレスなどの個人情報を取得できません。つまり、LINEのアカウントがなくなってしまった場合、顧客へアプローチできないリスクがあります。

 新商品販売やお店として何らかのイベントを行うときに活用できます。
メールマガジン ブログによる情報発信は、検索結果の上位に表示されるのを待つという受け身の発信です。

これに対してメルマガは、こちらの自由なタイミングで相手に向けて情報を発信ができます。待ちの営業から、少しだけ攻めの営業ができます。

 大量の迷惑メールなどにより、読者のもとへ情報が届かない可能性が高いです。「今週のブログ記事をご紹介」など、好きなタイミングで情報をお知らせします。

定期的にメルマガを発行することにより、顧客との関係性を構築するようにします。

ツールを選ぶべきポイント

小さな会社における情報発信の方法はいくつかあります。では、実際のところ、どのような基準で活用するのかを決めればいいのでしょうか。もちろん、できるだけ多くを活用するのが良いです。しかし、小さな会社の場合は、情報発信へ投資できるお金や時間も限られているため、なるべく少ない負担で、最大限の効果を得られるようにするのが理想です。ツールを選ぶポイントとしては、以下の2点があります。

  1. 自分の所有物になるのか?
  2. ストック型なのか。フロー型なのか?

1.自分の所有物になるとは?

情報発信の方法によっては、発信した情報自体が自分の所有物になるのか。それとも他人の所有物になるのかが決まります。こんなことを聞くと「なぜ、自分の発信した情報が他人の物になるのか?」と疑問に感じてしまいますね。ここで一つお聞きします。

自社ブログ と YouTube、ツイッター、フェイスブック、LINE@との明確な違いは、どこにあると思いますか? それは「他人の所有物の中で情報発信するのか」にあります。フェイスブックなどを利用するために何らかのお金は不要ですね。その代わり、フェイスブック内で発信をした情報を含めて、それらはすべてフェイスブックの所有物になります。最悪の場合、アカウント削除などの措置も考えられます。これが他人の所有物の中で情報発信する弊害です。

一方、自社ブログの場合は、情報発信するための環境を自社で整えているため、100%自分の所有物です。このようなことを考えると、まずは自社が100%所有する情報発信のツールを選び、補助的にYouTubeなどを取り入れることが賢明です。「その情報発信のツールの所有権は誰にあるのか?」このシンプルな疑問を考えると、小さな会社が選ぶべき本当の情報発信の方法がわかります。

2.ストック型なのか。フロー型なのか。

情報発信のツールには、ストック型とフロー型の2種類があります。ストックとは、蓄積やためるという意味です。一方、フローは、川のように情報が流れていくことを言います。ブログは、ストック型。ツイッターやフェイスブックは、フロー型だと言われています。

ブログは、様々な悩みに応える情報を記事として公開していきます。良質な記事を「お金を貯めるように書き続けること」で、ブロブの中にたくさんの情報が「ストック」されていきます。ストックされた情報の質が高ければ高いほど、検索エンジンからの評価が高まり、それが売り上げにも結び付いてきます。利用者からすると、求めている情報を図書館で本を借りるようにさがせます。これがストック型の情報発信の特徴です。

一方、フェイブックやツイッターなどは、フロー型と言われています。フェイスブックやツイッターは、情報を発信しても、次から次へと新しい情報が流れるため、すぐに情報の鮮度が落ちてしまいます。これを利用者目線で考えると「過去の情報を探すこと」が難しくなりますね。そのため、情報発信する本来の目的「利用者の悩みを解決する情報の提供」を行う上では、ツールの仕様上、適切な物とは言えないことになります。

この1と2の特徴を考えると、やはり「自社運営のブログ」が情報発信ツールとして最適であることがわかります。

アメブロを自社ブログとして活用すべきでない理由

これまでの説明により、情報発信は「自分の所有物の中で行う」、「ストック型の情報発信ができる物を使う」の2つの特徴を持っているツールで使うことが鉄則だとわかりました。これらの点から考えると、お金をかけずに無料で利用ができる「アメブロ」などは、情報発信の方法としては、あまり好ましくないことがわかります。どれだけアメブロ内で質の高い情報を発信したとしても、結局の所、それはアメブロの所有物になるからです。

もし、アメブロの管理会社の意思に反するようなことを行ってしまうと、何年も情報書きためてきたものが一瞬で削除されてしまいます。しかも事前同意等も一切なく、ある日突然、ブログがごっそり削除されてしまいます。それだけではありません。ブログ内に勝手に貼られる広告(アメブロの収益になる物)なども問題です。

そもそもブログを運営する目的は「利用者に役立つ情報の発信」により、自社サービスの売上につなげることにあります。それがアメブロ内で情報を公開することによって、アメブロの広告収入のために情報発信していることになってしまいます。もちろん、アメブロを一つの集客媒体として活用することは良いです。しかし、自社のメインのブログにすることは、まったくお勧めできません。

理想的な情報発信のスタイル

ここまで説明してきた内容をふまえて、理想的な情報発信のスタイルをご紹介します。それは「自社ブログを中心とした拡散ツール」の使用です。

まずは、ブログによる質の高い情報発信を行うことが鉄則です。必ず「自社のホームページアドレス(ドメイン)」を取得します。このホームページアドレスの中に「ワードプレス」というブログ機能を入れます。ワードプレス自体は、無料で使えます。ワードプレスの設置自体には多少の知識が必要です。よくわからなければ、外部の人に設置をお願いすることも検討してください。一度、設置してしまえば、月々の運用コストは、サーバーとドメイン代のみです。

自社のブログを設置したら、とにかくその中に「読者にとって質の高い情報」を公開していきます。ここで発信する記事の内容は「どのような商品を売りたいのか?」「誰をターゲットにしているのか?」「そのターゲットは、どのような悩みを抱えているのか?」によって異なります。グーグルキーワードプランナーの情報を参考にして、社内でしっかりと運用スタイルの検討をされることをお勧めします。ここまでが必ず行うべきことです。

次に少しでもブログへのアクセス数を高めたり、質の高い情報(ブログ記事)を拡散したりするには、どうすればいいのか?を考えます。このとき、選択に上がってくるのが既述のフェイスブックやアメブロ、ツイッター、YouTubeなどになります。つまり、質の高い情報をストックできる自社ホームページを中心的な存在にして、それを盛り上げるためのわき役として各種無料ツールを利用するということです。 参考:自社ブログを運営するための3ステップ

まとめ

小さな会社が行う情報発信の方法は、大きく分けると有料と無料の2種類があります。どちらを使っても問題ありませんが、それれらのツールには「1.他人の所有物か」「2.ストック型・フロー型なのか」があります。他人の所有物にどれだけ多くの情報を公開したとしても、他人の物であることに変わりはありません。また、フロー型の情報ツールを使うときは、そもそも「小さな会社における情報発信の方法」としては望ましくありません。

このようなことを考えると小さな会社における理想的な情報発信の方法は「有料のブログ運営+無料のツールを補助的に使う」ことです。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました