JAVARA Culture インドネシアのオーガニック製品を探している人に便利

海外旅

スポンサーリンク


インネシアのオーガニック製品を探していますか? もしくは、試してみたいですか? このようなときは、南ジャカルタにある「JAVARA Culture」が便利です。

JAVARA Culture 新しいカフェスタイル?

今回、ご紹介するオーガニックカフェは、南ジャカルタにある「JAVARA Culture」です。JAVARAといえば、有機産品で人気があるブランドですね。この人気ブランドが運営するカフェです。こちらのカフェのミッションは「インドネシアの食文化を残す。」です。JAVARA Cultureは、この目標を達成するため「買う、食べる、学ぶ」の3つの視点から、様々なサービスや商品を提供しています。

JAVARA Culture

こちらが「JAVARA Culture」の建物です。一階はオーガニック食品の販売とカフェスペース、二回以降に学ぶための施設があります。インドネシアの有機製品を買ったり、味を試したりしたいときには便利です。一階部分の左側には、有機食品の販売コーナー、右側には、販売されている有機製品を使って作る食事を楽しめます。

JAVARA Culture

JAVARA Cultureの店内

たくさんの有機製品が販売されています。パッケージなどもおしゃれでプレゼントにも最適です。販売されている有機品の一部を上げると、スーパーフーズ、高級コーヒー、有機スパイス、食用油、天然糖、お米などがあります。すべてインドネシアの「有機品」にこだわる徹底ぶりがあります。

JAVARA Culture

スーパーフーズであれば、以下の商品が販売されています。

  • チアシード
  • モリンガパウダー
  • カカオニブス
  • Gotu Kola Powder
  • Butterfly Pea Flower

JAVARA Culture

店内で販売されている食品を使った食事も楽しめます。

JAVARA Culture

非常に落ち着きがある店内ですね。照明などにもこだわりを感じます。

スポンサーリンク


JAVARA Culture

ノマドのようにパソコンで作業をする方も多かったです。

JAVARA Culture

フレンチ式コーヒー抽出法? よくわかりませんが、おいしい気がしました。写真左側にある砂糖は、もちろん「ココナツシュガー」です。

JAVARA Culture

この写真をご覧になり感じることはございますか?「なんかキレイ!」と牛乳の方に目が行きましたか? 注目は「ストロー」です。実はプラスチックではなく、紙?のようなもので出来ています。これは昨今、非常に規制が強くなっているプラスチックゴミの削減を意識されているのだと思います。

JAVARA Culture

フロアもシック、天井も高く開放感があります。お店の周りは、欧米系の居住者が多く、基本的に所得水準が高いです。

JAVARA Culture

以上、JAVARA Cultureのご紹介でした。こちらのお店は、スパイスのテイスティングを自由にできたり、スパイスの使い方講座などもしてくれます。まさに、買う。食べる。学ぶの3つの体験を一つの場所でできるお店です。もし、オーガニック品を存分に楽しみたい方は、こちらのお店を訪れてみてください。

JAVARA Cultureと貿易ビジネス

あなたがインドネシアの有機品に関する貿易をする場合は、JAVARA Cultureに並んでいる商品を参考にして、インドネシアにあるオーガニック産品を知ることからスタートすると良いです。幸いなことに、こちらのお店はテイスティングをしたり、食事をして楽しめたりします。まずはご自身が体験をして、これだと思える産品を探されると良いです。ちなみに、インドネシアからオーガニック食料品を輸入するときは、食品衛生法と植物防疫法が関係する可能性があります。

お店の情報

住所:Graha BS, 1st floor, Jl. Kemang Utara A No. 3 South Jakarta
営業時間:年中無休 9時~17時
電話番号:+62 217183550
メールアドレス:store@javara.co.id(アットマークを小文字にする)

[mappress mapid=”19″]

こちらのお店に行くときは「Zenroom」というホテルがコスパ的にも、キレイさでもお勧めです。

まとめ

  • JAVARA Cultureは食べる、買う。学ぶの3つをテーマにしている。
  • オーガニック品に興味がある人は楽しい。
  • オーガニックビジネスに興味がある人は、品物の味を楽しめる貴重なお店(テイスティング)

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました