香港の空港でsimカードを入手する方法 使い放題と使用感

海外旅

スポンサーリンク


香港で快適な通信ができるように「香港版のシムカード」を入手しましょう!シムカードは、香港国際空港などで販売されており、わずか1000円ほどの料金を支払うだけで、日本で使っているスマホをそのまま使えます。そこでこの記事では、香港国際空港に到着した人が「空港内」でシムカードを調達する手順と、実際に使用した感想などをご紹介していきます。

香港のシムカード

香港国際空港に到着すると、AまたはBの到着出口に行きつきます。香港空港に迎えに来ている方は、このAまたはBのどちらかで待っているはずです。今回はB出口を出る前提でお話を進めていきます。

お店の場所

B出口を出たら、矢印の方向に進みます。

HSBCの右隣にある「Travex」というお店です。

シムカードの購入で必要な物

シムカードの購入で必要な物は、以下の2つです。香港以外の国では、シムカードの購入にパスポートを要求されることが多いですが、香港では不要なようです(私の購入したお店は不要)

  1. 香港ドル(現金のみ)
  2. シムフリーのスマホ

1.香港ドル(現金のみ)

こちらのお店では、香港ドルのみでシムカードを購入できます。もし、到着ばかりで手持ちの香港ドルがないときは、お店の隣にある「HSBC銀行のATM」や両替所などで香港ドルを調達します。(クレカ不可)

2.シムフリーのスマホ

香港ドルと合わせて、シムフリーのスマホ又は、シムロック解除済のスマホを用意します。ドコモやau、ソフトバンクなどで契約しているスマホは、ロックがかかっているためご注意ください。香港を含む海外でスマホを使うときは、元々、ロックがかかっていない「シムロックフリースマホ」か、ロックを解除した「ロック解除済スマホ」が必要です。

シムカードのタイプ

シムカードのタイプは、お店によって様々です。ご自身の滞在目的や日数に合わせて選びます。

  • ○○日間だけ○○GBを使える
  • 30日間使い放題など

使い放題の注意点

なお、こちらのお店は「30日間、使い放題!」と大々的に宣伝されていますが、注意事項を良く読むと、以下のような但し書きがあるため注意が必要です。

スポンサーリンク


3GBまでは7.2MBPSで通信可能、それを超えたら384kbpsにします!

意味は? →簡単に言えば、ある一定の通信量までは高速通信、一定量を超えたら低速にする。その代わり、30日間は使い放題です。という意味です。

シムカード 香港

上限の3GBが迫ってくると、以下のメッセージが届きます。これが届いたら、そろそろ「低速通信が始まる」と考えておきましょう!

シムカード 香港

使い放題の但し書きに注意しよう!

シムカードの設定

シムカードを購入しても設定ができなければ使えませんね。あまりにも設定が難しければ、別の方法を検討しなければならないです。しかし、ご安心ください。こちらのお店は、シムカードを購入すれば、その後の設定もお店の人が代行してくれます。ただし、お店の人は「画面が英語」でないと、操作ができないため、言語表示の設定を「英語」に切り替えおきましょう。

iPhone=設定>>言語と地域>>iPhoneの使用言語>>英語で切り替えられます。日本語に戻すときも同様です。

設定が完了すると、以下のメッセージが届いています。

シムカード 香港

お店の人が操作ができるように、スマホの言語設定を英語にしておこう!

シムカードの使用感

実際にシムカードを使ってみると、香港市内においては、どんな場所でも快適に利用できます。(香港のダウンタウンから離れたLamma Island、郊外にある地元民が暮らす高層の居住マンションでもokです。)つながらない、または速度が遅くて困ったことはありませんでした。

ただし、上限を超えた後の384kbpは遅いです。パソコンを使う機会が多く、速度的に問題を感じるようであれば、上限を超えた時点でセブンイレブンなどで新しいシムカードを購入しても良いと思います。(私の場合、6日間で3GBを消費)

上限内における回線速度

シムカード 香港

上限後の速度

回線速度

制限後の使用観例

  • スマホでYouTubeの鑑賞→普通に再生可能
  • テザリング✖パソコンのユーチューブ鑑賞→厳しい
  • パソコンでワードプレス→管理画面などの操作は可能
  • ワードプレスに画像をアップロード→少し時間がかかる
  • グーグルマップ→少し遅い。でも使えます。
  • ウィチャットなどのSNS→ほぼ問題なし
  • アプリの更新→厳しい

まとめ

  • シムカードを入手すると色々と便利
  • 入手方法は、日本と香港の2つがあります。
  • 香港の場合、空港の到着ロビーBを出た後、左方向へ進みましょう
  • 無制限使用フリーの但し書きに注意します。
  • 購入に必要な物は、現金、シムフリースマホ
  • 設定はお店の人がしてくれます。そのための準備として言語設定を英語化する

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました