サイトのアクセスを解析!グーグルアナリティクスの設定方法

労働者ブログ集客

スポンサーリンク


ウェブサイトを運営するときは、自分のサイトに「どのようなアクセスが来ているのか」を確認することが大切です。なぜならサイトの作り手と訪問者が求めている物が最初からピッタリ合うことはなく、むしろズレている可能性の方が高いからです。そのため、アクセスの内容を分析・改善を繰り返して、その結果「求められているサイト」を目指すことが重要です。

中小企業のホームページを見ると、どこかのウェブ制作会社に作ってもらってから「全く情報が更新されていない所」が多いです。いわゆる「作りっぱなし」になっている状態です。この場合、ウェブサイトの運営目的を満たしていない可能性が高いです。もしかすると、得られたはずの販売チャンスを逃しているかもしれません。だからこそ、必ずアクセス解析をしなければなりません。

サイトを作ったら、その効果をアナリティクスで検証する。知った内容をもとにしてウェブサイトを改善する。再び、アナリティクスで検証する。再び改善する…

このようにして、サイトの改善と効果の検証を繰り返していきます。逆に言うと、この部分を行わないウェブ制作会社などとは、継続的な「保守メンテナンス」契約をするのは、無意味です。無駄金に等しいため、今すぐ、契約内容を見直してみましょう。

では、ご自身で運営しているウェブサイトのアクセス解析をしたいときは、どのようにすればいいのでしょうか? 何か特別なツールが必要なのでしょうか? 実はここでもグーグルのサービスが大活躍します。サービスの一つである「グーグルアナリティクス」という解析サービスを利用するだけで無料でアクセス解析ができます。

そこで、この記事では、グーグルアナリティクスの初期設定方法と、解析タグの導入方法までをご紹介していきます。グーグルアナリティクスによる解析は、一般サイトの他、BASEなどのショッピングサイトでも行えます。

サイト分析・グーグルアナリティクスの活用方法

グーグルアナリティクスを使えば、サイトにどのようなアクセスが集まっているのかを知ることができます。アクセスの中身を理解して、運営しているサイトと訪問者が求めている内容のズレを無くすことが目的です。では、グーグルアナリティクスによって、どのような情報を集めることができるのでしょうか? 実は、あなたのサイトにユーザーが訪れることによって、以下のような情報を知ることができます。もちろん、ここで紹介している情報は、ほんの一部になります。

リアルタイムアクセス数今、この瞬間にサイトに訪れている訪問者の数を示します。
訪問数月間、日間など好きな期間に区切って訪問数を示します。
直帰率サイトに訪れて1ページだけ見て、他のサイトへ行ってしまう率です。
国・市町村どの国?どの市町村?からアクセスしたのかがわかります。
年齢・性別年齢や性別がわかります。
ブラウザ・オペレーティングシステム訪問者が使っている機械のブラウザなどの情報がわかります。
サイト内の行動サイト内をどのように移動したのかがわかります。
訪問キーワードどのようなキーワードで訪問してきたのかがわかります。
企業アクセスあなたのサイトに関心がある企業がわかります。
離脱したページどこのページで離脱(他サイトへいくこと)したのかがわかります。

ざっとご紹介するだけでも、これだけの情報を分析することができます。サイトの運営をしているのに、グーグルアナリティクスを導入していなかったり、無関心であったりする場合は、自らサイト改善のヒントになる情報を捨ててしまっていることになります。それでは、グーグルアナリティクスの重要さが分かったところで、実際にどのようにして始めればいいのかを説明していきます。

グーグルアナリティクスを始めるには?

グーグルアナリティクスは、グーグルのアカウントを持っていれば、誰でも無料で使えます。グーグルアカウントを持っている方は、ログインして「アナリティクスのページ」を表示してください。まだアカウントを持っていない方は、アカウントの新規作成をします。

こちらがグーグルアナリティクスの初期画面です。右上にログインがあります。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

グーグルアナリティクス 設定 hunade

こちらがグーグルアカウントのログイン画面です。メールアドレス、パスワードの順に入力します。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

初めてグーグルアナリティクスにアクセスすると、以下の画面が表示されます。右端にある「お申込み」をクリックします。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

グーグルアナリティクスによるアクセス解析は、自分のサイトの中に解析タグを埋め込むことで計測します。ここでは、その解析用のタグを作ります。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

  • アカウント名:〇〇.comなど、運営するサイトのドメイン名にします。(管理上楽です)
  • ウェブサイト名:任意の名前を作ります。私は、アカウント名と同じにしています。
  • ウェブサイトのURL:解析するサイトのURLを入力します。httpsの場合は、「http」の部分を押すと選択できます。
  • 業種:最も適する物を選びます。
  • レポートのタイムゾーン:日本、東京を選びます。

2つ下の図をご覧ください。この部分は「アクセス解析によって得られるデータをグーグルに共有してもらえないか?」と聞かれています。もちろん、情報は匿名となり、個別のウェブサイトが特定できるわけではないです。もし、共有に協力すれば、ベンチマークなどを利用できます。協力したくなければ、チェックマークを外して下にある「トラッキングID取得」を押しましょう。

ベンチマークとは? 貴社と同様のサイトを運営している人との違いががわかる指標です。この指標から大きく下回っているときは、様々な部分で改善の余地があります。まずは、自分のサイトをベンチマークに近づけるまで成長させることが何よりも大切です。

スポンサーリンク


ベンチマーク hunade

データ共有設定画面では、共有したくない物のチェックを外します。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

利用規約に同意します。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

UAから始める数字だけのコードと、<script>から始めるコードの2つが生成されます。どちらかのコードをあなたが運営するサイトへ埋め込むことによって解析が始まります。埋め込む場所は、サイトの</head>セクションの前です。もし、運営するサイトがワードプレスであるなら、テーマの設定画面やSEO関係のプラグインの設定画面の中に、グーグルアナリティクスを埋め込む部分があるはずです。

この説明がわからないときは、社内のウェブ担当者の方へ「グーグルアナリティクスのタグをHEADセクションに埋め込んでほしい」と伝えましょう。社内にウェブ担当者がいないときは、クラウドワークスなどでスポット依頼をお願いすることも一つの手です。もしくは、お問い合わせフォームから連絡をいただければ、1回3000円ほどでグーグルアカウントの取得から設定までを行わせていただきます。

グーグルアナリティクス HUNADE

BASEのショップ用にアクセスタグを設定する場合は?

無料でネットショップを運営できるBASEにグーグルアナリティクスを埋め込むときは、以下のようにします。まずは解析タグを作成します。アカウント名、ウェブサイト名は、任意の名前です。自身が後々管理をしやすい名前にします。ウェブサイトのURLには「https:」で設定します。

設定が終ると、以下のように解析コードが発行されます。ベイスは、赤枠の方のトラッキングIDを使います。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

BASE APPSのグーグルアナリティクスをインストールします。

BASE APPS

この画面に先ほどのグーグルアナリティクス「トラッキングID」を挿入します。トラッキングIDは、UAから始まる数字です。

HUNADE

グーグルアナリティクスのレポートを見るときは?

アナリティクスのレポートを見るときは「グーグルアナリティクス閲覧画面」にアクセスします。アカウントやプロパティごに設定したウェブサイトのデータを閲覧できます。画面の左側にあるディメンションを切り替えることによって、ご自身が知りたい情報を知ることができます。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

まとめ

グーグルアナリティクスの基本的な知識から設定方法をご紹介してきました。アナリティクスを導入する目的はサイトの改善のヒントを見つけることにあります。つまり、これは、ビジネスで大切なPDCAにも通じることです。改善と検証を繰り返していくと、貴社のウェブサイトで提供する情報(内容)と、訪問者が求めている情報のズレがなくなります。ズレがなくなるということは、販売したい商品が売れることを意味します。

この記事をご覧になっているあなたには、今すぐグーグルアナリティクスを導入して実践していただきたいです。もし、BASEをはじめとしてECの詳しい検証をしたいときは「Eコマーストラッキング」の設定も忘れずに行いましょう!

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました