バンコクの不動産を探すコツ 日当たりが悪い高層階が良い!?

海外旅

スポンサーリンク


バンコクで働こう。しばらく住んで見よう。そのためには、まずアパート、マンション探しです。相場はいくらか?どの地区がいいか?家具などは付いているのか?考えることは山ほどありますが、心配ご無用です。賃貸物件の概要や日本人に人気のエリアなど、バンコクで快適に生活する上での役立つ情報をお届けします。

バンコクの不動産探し、いい物件は歩いて見つける。

サービスを求めるなら、外国人が住んでいるマンションを選ぼう。

賃貸物件を大きく分けると2つです。

  1. アパート&マンション
  2. コンドミニアム。

現地採用の方や、観光ビザなどで長期滞在している方は、主にアパート&マンションに住んでいます。一方、コンドミニアムは、タイで就労している各国の駐在員の方が住んでおり、外観からして高級感が漂っています。

アパート&マンションと言っても、日本の上下2Fのような住居形式ではありません。低くても5F建て、地区によってはそれ以上の高さの建物もあります。大きな特徴としては、家賃が安い割には部屋が広いこと。セキュリティもそれなりに充実しています。

建物の入口は、キーカードで開けるようになっており、24時間体制で守衛が滞在しています。部外者が勝手にマンションの入口を開けることは出来ず、入口や各階には監視カメラが備えられています。マンション内には車の駐車スペースも確保されており、無料で駐車出来ます。日本と比べると、随分とサービスの違いに驚かされますが、それなりの賃貸で外国人が住んでいるようなマンションはこれが普通なのです。

歩いて探す、これがマンション探しの基本。

賃貸物件の探し方は、住みたいエリアを歩きまわることです。日系の不動産会社はありますが、主に仲介しているのは高額なコンドミニアムなので、アパート&マンションはほとんど紹介されておりません。タイ人経営の不動産会社は少なく、タイでは歩いて探すのが常識だと言えます。外国人の入居者が多く、人気のエリアはネットなどで紹介されていますので、いろんなエリアをむやみに歩きまわる必要はありません。

気に入ったマンションが見つかったら、内見しましょう。だいたい、どのマンションにも1Fに事務室があります。そこを訪ねて、内見を希望してください。部屋が空いていれば内見出来ますが、ない場合はいつ空くかなど相談を。英語かタイ語でのやりとりです。中には多少日本語が出来る人もいますが、基本的に英語です。

マンションを選ぶ際のチェックポイントは、これだ。

内見が出来る場合、以下の点を抑えておきましょう。

  • 家賃、敷金などの初期費用
  • マンションのセキュリティ(守衛、入口、駐車場、監視カメラ)
  • 部屋内(広さ、浴室、エアコン、家具、部屋の向き)
  • その他(Wi‐fi、ランドリーサービス)

入居時にかかる費用は、敷金(家賃の2ヶ月分)と家賃の1ヶ月分です。契約は1ヶ月からでも受け付けてくれる所もありますが、3ヶ月以上が基本です。家賃以外には、光熱費(水道、電気)やWi‐fi代(1ヶ月500B‐800B位)がかかります。マンションの契約が決まったら、事務員が賃貸契約書を作成します。パスポートを提示してください。入居はすぐにでも可能です。

一方、なかなか希望の物件が見つからない場合は探すしかありません。“いいなぁ”と思った物件があれば、内見をした後にキープしたい旨を伝えておきましょう。場所にもよりますが、1週間位キープ可能です。

部屋は意外と広い。ベッドや家具なども付いている。

バンコクでも、部屋の広さによって家賃は違ってきます。日本のワンルームが15‐20㎡なのに対して、タイでは30㎡以上が一般的です。ベッド付きの部屋なら、50‐80㎡位の広さになります。一人で住むには十分の広さです。ワンルーム(スタジオ)よりは、やはりベッド付きの広い部屋の方がいいでしょう。

地区にもよりますが、ベッド付きのワンルームで1ヶ月8,000B‐20,000B位です。この相場でシャワー(温水付き)、エアコン、家具、テーブルはだいたい付いています。中には冷蔵庫、TV&ソファー付きの部屋もあります。どのマンションも1Fにランドリーサービスがありますので、洗濯機を買う必要はありません。清掃サービス(有料)も可能です。

住むなら、日当たりの悪い部屋と高層階を。

部屋の広さ、設備以外にチェックしておきたいことがあります。空いていれば、高層階で日当たりの悪い北向きの部屋を選んでください。高層階に住むことで、プライバシーはもちろんですが、蚊を媒体として感染症のリスクを抑えられます。

スポンサーリンク


タイは年間を通して暑く、扇風機やクーラーの使用頻度が高いです。そのため日当たりのいい南向きの部屋ですと、外出中に部屋が暑くなり、居心地が大変悪くなってしまいます。その昔、日当たりのいい部屋を借りたときは、夜でも暑く寝苦しい日々が続きました。日々クーラーをかけて寝ていたので電気代は急上昇。大家に頼んで、北向きの部屋に変えてもらったことがあります。

低層階だと、外からの空気が部屋に入り込みやすくなります。バンコクはバイク、自動車の廃棄ガスが凄いので、地区や部屋の位置によっては悪い空気が部屋に入り込んでしまい、空気清浄機が必要になります。これも私の実体験です。部屋内だけではなく、部屋の向きやマンションの位置なども考慮してお選びください。

大家によって、快適に過ごせるかどうかが違ってくる。

マンションによっては、入居者が出来るだけ快適に過ごせるように定期的なサービスを実施しています。私の住んでいる所では、虫(アリや蚊など)の駆除サービスを定期的に実施しています。その日は駆除会社が来て殺虫剤をまくので、例えば9:00‐14:00迄はマンションに入ることが出来ません。その他月一度の電気、水道のチェックもあります。

外国人が多く住んでいるマンションの大家は中華系のタイ人が多く、彼らの性格かどうかわかりませんが、自分のマンションの“快適さ”を保つために出来るだけのサービスはしてくれます。うちの大家は、他にも多数のマンションを所有しており、どのマンションも駆除サービスはもちろん、外壁の塗装も定期的にチェックしています。いつ見ても外壁はきれいです。快適に過ごせるかどうかは、大家が提供するサービスによる部分も大きいようです。

マンションで、キッチンと風呂付を探すのには苦労する。

内見中、多くの日本人が“あっ、ないのか”と思う設備は、キッチンと風呂です。タイは昔から外食文化で、自炊しない傾向にあります。地区によってはキッチンのないマンションが多く、その代わりに外の通りにはタイ料理店や屋台が点在しています。必要な場合は、電子調理器やマイクロウェーブを買うのが一般的です。

風呂に関しては、高層階のマンションクラスでもほぼ付いていません。特別ルームのみに付いている所もありますが、探すのは大変です。暑い国ですので、こまめにシャワーを浴びて清潔感を保つことが慣習となっています。風呂に入って一日の疲れをとる、という発想はもともとないようです。キッチンや風呂にこだわると、物件探しは苦労します。しかし私はこだわり、随分探しまわりました。

退去時など、トラブルを回避するためには?

退去時に関して言えば、基本的に敷金はほぼ返金されます。フックを付けたために壁を汚したりすると、その分請求されます。また入居中、車の駐車スペースのことで他の入居者とまれにトラブルになることもあります。駐車する場所は、空いていればどこに止めてもいい決まりになっています。自分専用のスペースはないので、いつも自分が止めているスペースに他の車が止まっていても怒ってはいけません。

当初、それを知らずにアメリカ人と揉めたことがありますが、知ったことで互いに良い関係になりました。これも異文化です。その他、隣の部屋からの騒音は気になりません。外国人が多く住み、会社勤めで車も所有しているタイ人が住んでいるマンションでは、皆、礼儀をわきまえています。これがタイ人だけが住んでいる低家賃の所では、騒音トラブルもあるかと思われます。

この2つは、おすすめの地区。周辺の住環境も充実している。

やや郊外だけど、外国人が多く住んでいる。周辺にはコンビニはもちろん、タイ料理店や大型スーパー、商業施設が次々に建設されている。そんな“住むには申し分ない”おすすめの地区をお知らせします。

オンヌット

近年、日本人の入居者が圧倒的に増えている地区です。BTS「オンヌット駅」があり、いわゆる日本人街の「エカマイ、トンローやプロンポン」駅へも近距離(2‐4つ)の位置にあります。

日本人入居者の増加により、日本料理店も続々と開店ラッシュ。駅前には大型スーパー「テスコロータス」があり、周辺にも商業施設が次々に建設されています。またマッサージ街や、数多くのマンションが点在しており、生活するには非常に便利なエリアです。マンションの相場は、12,000B-25,000Bの間です。

ランナーム周辺

プラトゥーナム地区に近いエリアです。最寄り駅はBTS「アヌサワリー」。以前はローカルな感じでしたが、近年、キングパワー(Duty Free)が出来たことで周辺にしゃれたカフェ店や商業移設が続々とオープン。また古くからあったお店などが建て壊され、ホテルやコンドミニアムが建設されています。

ロケーション的にも優れています。バスでISETANのあるプラトゥーナム地区へ5分程で行けます。BTSでも街の中心地「サイアム駅」へ10分位。マンションの相場は、10,000B前後です。コンドミニアムで25,000B位です

まとめ

  • ベッド付きの、外国人が多く住んでいるようなマンションなら安心
  • 内見の際は、部屋の広さや向き、家具、セキュリティのチェックを。
  • いい物件は、歩いてこそ見つかる。部屋が空いているなら、内見を。
  • キッチンや風呂などの設備にこだわると見つけるのに苦労する。
  • オンヌット、ランナーム地区は外国人も多く、おすすめの住環境。

ライター:Masa.

基幹記事:東南アジアのトビラタイとの貿易の始め方

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました