サイトの分析!アナリティクスの閲覧権限を付与する方法

ブログ集客

スポンサーリンク


分析と改善は、ウェブサイトを運営する上で重要です。ただし、分析で使うグーグルアナリティクスは、高機能であるため、それをうまく使いこなすには、多くの経験が必要です。そのため、もし、アナリティクスを使った分析が難しければ、外部の手を借りて、一緒に分析してもらうことをお勧めします。

この記事では、自分のグーグルアナリティクスを閲覧できるようにする方法をご紹介していきます。

グーグルアナリティクスの情報を指定の人にだけ公開する方法

何らかのサイトを運営している方は、サイト分析にグーグルアナリティクスを導入していることが多いです。

アナリティクスを見れば、どのキーワードでサイトに訪れているのか? ユーザーは、どの年代なのか? どのあたりに住んでいるのか?など、様々な切り口から分析ができるからです。ただし、これは、アナリティクスを使いこなせる人の目線で語ったときの感想です。多くの場合、アナリティクスは、高機能すぎて、自身でうまく分析できないことが多いです。また、次のようなケースもあります。

例えば、現在、サイトを運営していて、新しく作り変えるときです。この場合も、現状のアクセス状況を把握して、移転の影響を最小限にする工夫が必要です。誰かにサイトを作り変えてもらうのであれば、アクセス情報を他人も見られるようにしなければなりませんね。

一つ目は、高機能すぎてアナリティクスを使えない。もう一つは、自身のサイトへのアクセス状況を他人に見てもらうことを考えてもらいました。いずれの場合であっても、現状のアクセス状況を把握して、それを基にして改善をすることが何よりも重要です。

しかし、分析するとしてもそれがなかなかできない…..他人に見てもらうには、どのようにすればいいのかわからない….こんな困った状況に置かれています。どのようにすれば、この状況を打破できるのでしょうか?

もちろん、グーグルアナリティクスアカデミーなどを受けて、ゼロから勉強をすることもできます。しかし、日々、業務に追われている身でありながら、わざわざアナリティクスを勉強する時間を確保することも難しいですね。そこでお勧めするのが外部人材の登用です。

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどのサイトを利用すれば、すぐにグーグルアナリティクスの分析に長けている人を見つけられます。そこで、この記事は、そんな「外部の人達」に、自分のグーグルアナリティクスの情報を見られるようにするための手順をお伝えしていきます。

グーグルアナリティクスの権限を設定するための準備知識

自身のグーグルアナリティクスの内容は、自分が指定する人に対して、自由に公開ができます。ただし、自由に公開できるといっても、いくつかの条件をクリアしなければなりません。その条件とは、次の2つです。

  1. 相手がグーグルアカウントを持っていること
  2. 相手に対して適切な閲覧権限を設定すること

1.相手がグーグルアカウントを持っていること

グーグルアナリティクスは、グーグルが提供しているアクセス解析ツールです。したがって、グーグルアナリティクスを閲覧するためには、権限を設定する側と、設定される側の双方で、グーグルアカウントを持っていることが条件です。アナリティクスの権限を設定するときは、相手のグーグルメールアドレスを聞きましょう(〇〇@gmail.com)

2.相手に対して適切な閲覧権限を設定すること

相手のgメールアドレスがわかったら、次にそのメールアドレスに適切な「範囲」と「閲覧権限」を設定します。アナリティクスには、大きく分けて、次の3つの範囲と4つの権限があります。範囲×閲覧権限の組み合わせが相手に対して設定できる内容です。

■三つの範囲

  1. アカウント
  2. プロパティ
  3. ビュー

■四つの閲覧権限

  1. ユーザー管理
  2. 編集
  3. 共同編集
  4. 表示と分析

あなたが閲覧権限を設定する相手には、どのような範囲と権限を渡すのか?を考えます。多くの場合は、閲覧範囲を「プロパティ」、権限を「表示と分析」だけで十分です。なお、表示と分析のアクセス権を設定すると、あなたのサイトのアクセス情報は、相手に筒抜けです。実際に、アクセス権を設定するときは、サイト情報を口外しない約束を取り付けておくこともポイントです。

なお、表示と分析の権限を設定すると、流入キーワードなどの情報をエクセル形式などでダウンロードすることもできるようなります。そのあたりも含めて信頼ができる人なのかを十分に検討するようにしましょう。それでは、一通りの説明が終わったところで、実際の操作方法をご紹介していきます。

アナリティクスの権限を設定する手順

グーグルアナリティクスに閲覧権限を設定する手順です。まずは、自身のグーグルアカウントにログインします。

ログインすると、以下のような画面が表示されます。(前回、最後に開いたアナリティクスの分析画面)こちらの一番下にある「管理」を押します。

スポンサーリンク


アナリティクス

すると、閲覧権限を設定するためのサイト情報が出てきます。下の図を見ると、左から1、2、3という数字が並んでいます。これらは、権限を与えようとしているユーザーが「操作できる範囲」を表しています。つまり、あなたに追加されるユーザーは、ここで設定する範囲を超えて、操作はできません。

アナリティクス

この1~3の操作できる範囲を動物園に例えると、次の通りです。

  1. 動物園の園長(アカウント)
  2. 各飼育ブースのリーダー(プロパティ)
  3. 飼育係(ビュー)

動物園の園長とは、動物園全体に「何かをする権限」があります。何かをする権限については後述します。動物園全体の状況、各飼育ブースの状況、飼育係の状況などを横断的にできます。サイトでいうと、sample.comという一つの動物園の他、sample2.ocm、sample3.comなど、他の動物園を管理するときは、その範囲も可能です。

飼育ブースのリーダは、その飼育ブース内だけに「何かをする権限」があります。ゴリラ、キリン、ラクダなど、それぞれ「ブース」ごとに細かく設定できます。サイトでいうと、sample.com/moneyやsample.com/hokenなど、サイトの中にある「ディレクトリ(ある特定の分野)」を操作できます。

最後の飼育係は、そのブースの中でもさらに、細かい部分だけに「何かをする権限」です。餌やりの状況、清掃状況など、それぞれの「作業範囲」ごとに細かく設定できます。サイトいうと、sample.com/moneyの中に設定されている「スマホのみのアクセス」「PCだけのアクセス」などです。このきわめて限られた範囲のみ操作ができます。

あなたがサイトの分析をお願いしようとしている人には、どの範囲までを操作できるようにするのか? それがこの画面で問われている内容です。次に、その定めた範囲の中では、どのようなことまでをできるようにするのか?を設定します。つまり、先ほどは、範囲を設定しましたが、今度は、範囲の中でできる「権限」を設定します。

ユーザー管理を押します。

アナリティクス

右上にある+ボタンを押します。

アナリティクス

1番に相手のグーグルアカウントを追加します。2番で、相手に対して、何の権限を設定するのかを指定します。分析をするだけなら「表示と分析」だけでOKです。

アナリティクス

アクセス権の設定が終ると、相手には、以下のようなメールが届きます。

アナリティクス

相手のグーグルアカウントにログインして、アナリティクスを見ると、当サイト(生業自由人の情報)が表示されています。これで自身のサイトのアクセス情報を相手が見られるようにする設定は完了です。

もし、アクセス権を削除したくなったら、右端にある点々ボタンを押します。

アクセス権を削除を押します。これで、アクセス権を設定していたユーザーは、閲覧ができなくなります。

まとめ

  • ウェブサイトは分析と改善の繰り返しが重要です。
  • この分析をするときに便利なのがグーグルアナリティクス。
  • グーグルアナリティクスは、便利。ただし、難しい。
  • グーグルアナリティクスの分析を他人にお願いすることも一つの方法です。
  • グーグルアナリティクスの情報は、自身がアクセス権を設定することにより、他人でも見られます。
  • アクセス権の設定には、自分と相手がともにグーグルアカウントを持っていることが条件
  • アクセス権の設定をするときは、設定する「範囲」と「権限」に注意します。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました