アメブロの正しい活用方法とは?

ブログ集客

スポンサーリンク


インターネットから新しいお客さんを見つけるときは、対外的に「質の高い情報」を発信することが大切です。具体的には、ブログなどを使い、インターネットに自社のコンテンツを公開していきます。公開している記事が誰かの役に立てば、無理な売り込みをかけなくても商品やサービスは勝手に売れていきます。

貴社の有益な記事を見る → 貴社についての興味が出る → 貴社が取り扱っている商品やサービスが売れる。

これがブログからお客さんを見つけて、物が売れるまでの基本的な流れです。さて、このような集客を考えるときに「アメブロ」を使う会社が意外に多いことに驚かされます。しかも、アメブロだけでウェブ集客をしている企業もあり、リスクを理解されているのかが心配です。

そこでこの記事では、アメブロの正しい利用方法について詳しく説明していきます。

企業がアメブロを運営することはあり?

最初に誤解がないように伝えておきます。私が伝えている「アメブロ」とは、無料で利用できるブログの総称のことです。つまり、誰でも利用できる「無料ブログ全体」のことを指しますので、お間違いないようにお願いします。「アメブロはダメ。FC2は良い」という狭いことを伝えているわけではありません。

アメブロとは?

アメブロは、株式会社サイバーエージェントさんが運営している「無料ブログ」です。「アメブロ」というかわいらしいネーミングと、積極的なテレビCMなどによって「ブログと言えば、アメブロ」と言われるほど、無料ブログとしての地位を築かれています。アメブロが成功した要因は様々ですが「インターネットって何?」いう初心者にも、手軽に利用できるようにしたのが大きいです。

では、アメブロには、どのうよなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

アメブロを使うメリットとデメリット

メリット・検索結果の上位に表示されやすい!

アメブロを使うときのメリットは、検索結果の上位に表示されやすいです。この理由はとても簡単です。グーグルが行っているアメブロへの評価が高いからです。

グーグルは、アメブロに高い評価をしています。アメブロは、グーグルからの評価が高いため、そこから発信される情報は、自然と検索結果の上位に表示されやすくなります。また、そんな評価が高いアメブロという「長屋」に入ってブログを作ることで、あなたの記事も上位に表示されやすくなります。

長屋に入るとは、どのようなことなのでしょうか?

実は、アメブロの中にブログを作ることで、アメブロのドメインの中に「あなたのブログアドレス」が出来上がります。ドメインとは、世界にたった一つしかないURLのことです。アメブロの場合であれば、ameblo.jpがドメインです。私たちが作るアメブロは、このameblo.jpの中に出来上がります。

例えば、アメブロの中に「potato」というブログを作ったとします。この場合、あなたのアメブロでのURLは「ameblo.jp/potato」です。アメブロというドメインの中に、あなたのブログできあがるため、同じ内容を発信したとしても、一般のサイトよりも検索結果の上位に表示されやすいです。これがアメブロで情報発信するときのメリットです。

アメブロは、ドメインへの評価が高いです。そのため、このドメインの中で発信する記事(アメブロの記事)は、検索結果の上位に表示されやすい。

デメリット

アメブロを使うときのデメリットは、大きく分けて次の2つです。

  1. 自分の所有物にはならない。
  2. 広告が掲載されること

1.自分の所有物にならないとは?

アメブロでブログを公開することは、長屋に住むことと同じです。しかし、実際は長屋より環境はひどいです。というのは、どれだけアメブロで質の高い記事を公開しても、その記事の絶対的な所有権はないからです。アメブロは、誰でも自由に無料でブログを使えるようにする一方、書いた記事を含めて「一瞬で削除する権利」もあります。

例えば、アメブロを使うときは、利用する上でのルールがいくつかあります。ブログを行っているときに、これらのルールを破ってしまうと、ブログが停止させられる可能性があります。最悪、ブログ自体の削除もあるため、十分注意が必要です。何年も書き溜めた記事が一気に削除されるのは、恐ろしいですね。アメブロは、書いた記事に対する所有権がないというのが最大のデメリットです。

スポンサーリンク


2.広告が掲載されること

無料でアメブロを利用すると、記事の下や横に勝手に広告が掲載されます。もちろん、無料でブログを使っているのであれば、広告掲載が行われるのは自然ですね。もし、この広告を外したいのであれば、月々、いくらかの料金を支払って、広告を消します。無料で使うと、質の悪い広告が勝手に表示される可能性があります。

以上の2つがアメブロを利用するときのデメリットです。

企業としてアメブロを使うときのポイント

これまでの説明で、アメブロを利用するときのメリットとデメリットをご紹介しました。では、ここまでの内容をふまえて、企業として、どのようにアメブロを活用すればいいのでしょか? 一言で言えば「自社サイトへの誘導ツール」です。つまり、アメブロ → 自社サイト のようにアクセスを呼び込むために利用するだけです。その他の目的は、企業的なリスクから、あまり活用するのは難しいです。

例えば、生業自由人の場合、ドメインは「nariwai-jiyujin.com」です。このドメインの中で、ワードプレスなどを使い、自社ブログを運営しています。コレとは別に、アメブロにブログを開設してameblo.jpからnariwai-jiyujin.comの方につなげます。これによって、グーグルから評価されているアメブロを入り口として、自社のサイトへアクセスを流せます。

自社ドメイン、アメブロと両方運営すれば、それぞれのメリットを受けられますね。また、仮に、何らかの理由でアメブロが閉鎖されても、閉鎖による悪い影響をほとんど受けません。なぜなら、記事自体は、自社ドメインに入っているため、呼び水としてのアメブロが閉鎖さても痛くもかゆくもないのです。やはり、企業は、ブログを運営するときのリスクを下げる必要があります。

アメブロと自社サイトをつなげるときの3つのポイント

アメブロは、自分が所有するブログを補完するために活用するのが望ましいです。アメブロを補完目的で利用するときは、次の3つを意識します。

  1. アメブロでも正しい記事を書く
  2. リンクは、アメブロからの一方向
  3. 引用タグを使う

1.アメブロでも正しい記事を書きます。

アメブロを見ていると「無駄な装飾」や「改行」を繰り返す記事を多くみます。「心に届くブログの書き方」でもお伝えしている通り、ブログは読みやすい物であることが条件です。無駄に改行させるのは、読者にスクロールの手間をとらせます。また、文字色をピンクなどにすると、安っぽいチープな印象が伝わります。仮にそのようなブログを企業が運営しているときは、扱っている商品やサービスも「粗悪な物」と連想してしまいます。

このようなことを考えると、やはりアメブロであっても読者に優しい文章を書くことが良いですね。ただ、あえて自社ブログと違うテイストするのはありだと思います。自社ブログとアメブロの担当者を変えて、それぞれ違うテイストで、ブログを運営するのも面白いですね。

2.リンクは、アメブロから一方向

ブログからリンクを張るときは、必ず「アメブロから自社ブログに対してのみ」行います。自社ブログからアメブロに対してリンクするのは無用です。必ず、アメブロから自社ブログへの一方向だけにリンクしましょう!

悪い例:自社ドメインのサイトから「アメブロでも記事を書いています!」などとリンクを張ること

3.アメブロの記事を作成するときは、引用タグも検討します。

アメブロで記事を書くときは、引用タグを用いることも意識してみましょう。引用タグとは「○○さんの文章を一部引用させてもらっています」ということをグーグルに伝えるためのコードです。タグで言うと「<BLOCKQUOTE>」です。アメブロで文章を作成しているときに、この引用タグを使って、自社ドメインで掲載している記事の一部を引用紹介します。

ポイントは、自社ドメインの中に掲載している記事の情報を引用して、アメブロの記事内で紹介することです。これによって、引用された方のドメイン(自社ドメイン)は、グーグルからの評価につながります。先ほどから説明している通り、アメブロは、自社ドメインを補完する目的で利用します。2番のアメブロからの一方向リンクも、3番の引用などもすべて自社ドメインの評価につなげるためのコツです。

アメブロなどにはじまる無料ブログは、本気を出して記事を書く所ではなく、あくまで自社ブログへの呼び水程度に利用することがポイントです。

ワードプレス×アメブロの便利機能もあり!

ワードプレスで作成した記事の拡散用としてアメブロがあります。もし、記事の公開→アメブロへの拡散という作業が煩わしければ、アメーバプレスというプラグインが便利です。アメーバプレスを使えば、ワードプレスの投稿と同時に、アメブロへの引用タグ付きの新規記事として投稿されます。

具体的には、ワードプレスの記事中に「moreタグ」を挟むと、moreまでの部分がアメブロに表示されて、more以降は、ワードプレスで作成した記事への引用リンクが表示されます。

ワードプレス×アメブロを連携したい人の便利アイテム:アメーバプレス

まとめ

企業がブログを運営するときのアメブロの正しい活用方法をご紹介しました。アメブロ(無料ブログ全体)などによるブログの発信は、すべて借り物の中での情報発信です。借り物での情報発信であるため「常に追い出されるリスク」があります。そのため、いつ、どうなってもダメージがない程度に利用する必要があります。つまり、無料ブログは、あくまで「自社ブログを保管する目的」で使うようにします。

質の高い本気な記事を自社ドメインにアップ。ある程度、手を抜いた記事をアメブロなどにアップするなど、2つのブログを運営することによって、アメブロのメリットを最大限受け取りながら、リスクを最小にすることができます。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました