【エアアジア】台風による欠航・変更など、三つの対処方法

海外出張の知恵

スポンサーリンク


エアアジアなどのLCCは、安く利用できる分、欠航に対する取扱いが悪いのでは?と、不安に感じる方も多いでしょう。今回は、エアアジアのフライトを予約済、かつ台風が接近してきた場合の3つの対処方法をご紹介していきます。

エアアジアの欠航・フライトスケジュール変更など

明朝、エアアジアにて出国する予定です。記事執筆時は、午前6時。フライトは、明日の午前9時であるため、27時間後の出発です。しかし、実は、台風19号が接近しており、今日一日は、完全に台風の通過日、明日は「台風一過」が望めるのかな? という状況です。そして、後述するエアアジアからの「通知メール」は、本日の午前3時に送られてきたため、出発時間の30時間前にアナウンスがあったことになります。

エアアジアのフライトスケジュール変更メールは、出発の30時間前に出された。

もちろん、今回の場合、明らかに台風が接近しており、事前にある程度、欠航の目途が立てやすい上での事前通知だったのかもしれません。予約しているフライト時間と天候変化によっては、この時間よりも後に出される可能性はあります。

エアアジアから通知されたメールです。

エアアジア 通知メール

台風の影響により、以下のスケジュールに変更すると通知しています。今回は、欠航ではなく、午前9時に出発する便を正午にすると伝えています。

エアアジアからの欠航通知は、何度もあるため気を付けましょう!

例えば、2019年10月の台風19号のときは、次のようにメールが届きました。

本来の出発は、10/13日の9時です。それが….

  • 10/12 3:00のメール→ 10/13日の12:00に変更
  • 10/12 18:47のメール→10/13日の14:50に再変更
  • 10/12 20:10のメール→やっぱり10/13日の12:00にする

スポンサーリンク


エアアジア 欠航通知

エアアジアから時間変更や欠航などの通知を受けた場合の3つの対処方法

今回のように、天候の影響により、エアアジア側からフライト時間の変更などの通知を受けた場合は、次の3つのオプションから選べます。いずれの変更も電話等での手続きはできず(英語のみ)、AVAと呼ばれるチャットボットまたは、ツイッターなどを使い行います。一応、念のため、お伝えをしておきますが、変更されたフライトスケジュールで問題がないときは、特に手続き等は不要です。

  1. 30日以内のフライト日変更
  2. 90日以内に使えるクレジット
  3. 全額返金

1.30日以内のフライト変更

まずは、フライトの移動ができます。下記の三つの条件をクリアすれば適用されます。

1.30日以内の変更
2.同じフライトルート
3.一回の変更

2.90日以内に使えるクレジット

90日以内に使えるクレジットに充当する方法です。90日以内に航空券を購入するだけでよく、実際のフライト日は、90日後でも可能です。

例えば「予約している航空券のルートとは、まったく別の物を買いたい」ときに利用します。もちろん、エアアジアの路線のみのお話です。

3.全額返金

予約に相当する金額の全額を払い戻しされます。クレジットカードの場合は、同額の返金または請求が取り消されるかと思います。

AVAとは?

AVAは、エアアジアのカスターマーサポートをするチャットボットです。あらかじめ決めれているメニューや単語などを入力すると、それに対する適切な答えを返してくれます。もちろん、AVAは人間が操作しているわけではありません。自動プログラムによって運営されているため、サポート時間や曜日等の制限はありません。いつでも手続きができます。(調べられる情報に一定の制限あり。例:フライト出発時間の12時間前からなど)

例えば、フライトの予約をする。リファンド請求をする。フライト状況の予約などは、すべてこのAVAでおこないます。上記で説明した通り、欠航やフライト時間の変更などにより、払い戻しを受ける場合もこのAVAを使い手続きをしていきます。

AVA

エアアジアのウェブチェックイン 利用時間とやり方 メリット
「エアアジアのアプリでチェックインできない」ならログアウト!

まとめ

  • エアアジアからフライト変更の通知を受けたときは、三つのオプションがある。
  • 1.フライト日の変更 2.クレジット充当 3.全額返金
  • LCCであっても天候の影響による顧客対応はしてくれる。
  • ただし、手続きは電話ではなく、AVAと呼ばれるチャットボットで行う。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました