30代男性の一人旅 宿の探し方は? Airbnb、アゴダ、じゃらん等

スポンサーリンク


30代男性の一人旅のグッズ

私は、仕事柄、日本国内、海外問わず、様々な所に出かけます。旅は、日常とは違う何かを与えてくれるため、記事を執筆する上で非常に良い効果をもたらします。もちろん、仕事以外の部分、その土地の空気を感じ、食文化等を楽しめるのも魅力です。

流行病が蔓延する前であれば….

  • 2月 バングラデシュ
  • 3月 ミャンマー
  • 4月 タイ、インドネシア
  • 7月 カナダ
  • 10月~ タイ、ラオス
  • 1月~2月 スペイン
  • 3月 長崎

など、年間を通して様々な場所に行っていました。今回は、そんな旅好きな私が、宿泊場所を選ぶ方法についてご紹介していきます。

一人旅で最適な宿を見つける3つの方法

基本的に日本の宿泊施設は「人」に対して料金がかかります。一方、海外の宿泊施設は「部屋」に対して料金がかかります。そのため、日本は、一部屋をより少ない人数で利用する。海外では、多い人数で利用した方が割安感があります。

また、日本の宿泊施設は、ホテルや簡易宿泊所以外、一人での宿泊を断られることが多いです。ホテル側としては、一部屋で稼げる料金が小さくなるためです。海外とは逆です。しかし、悪いことばかりではにです。日本の宿泊施設は、海外のようなデポジット(預り金)がない点が素晴らしいです。海外と国内のそれぞれに一長一短があります。

過去、私は、日本国内や海外など、様々な宿泊施設に泊まりました。少し高級な所から、激安宿まで、一般的な日本人の方が決して泊まらないような宿への宿泊経験もあります。そんな様々な宿泊宿は、以下三つの予約サイトを使い探すことが多かったです。

  1. Airbnb
  2. アゴダまたはエクスペディア
  3. じゃらん又は楽天トラベル

上2つは、海外の宿泊施設を探すときに使います。三つめは、日本国内の宿泊施設を探すときに使うことが多いです。

1.Airbnb又は、アゴダ

Airbnbは、自分が所有する物件を自由にレンタルできる宿泊サービスです。物件を提供するオーナーとしても利用ができますし、掲載されている物件に泊まる利用者としても利用ができます。私は、Airbnbを利用者として使っています。

Airbnbは、煩わしい宿選びをアプリ上で簡単にできる点が魅力です。希望する場所、日付、エリア等を地図上で選ぶだけで、条件に該当する物件がずらりと並びます。オーナーにもアプリ上で連絡ができ、気に入れば、そのまま予約決済までできます。

予約後は、規定のハウスルールに基づき、自由に利用ができます。Airbnbの魅力は、特に相対的な安さにあります。特に物価が高い所で宿を探すときに、大きな魅力を感じます。

スポンサーリンク


例えば、カナダの西側にバンクーバーがあります。実は、この都市、めちゃくちゃ物価が高く、宿泊代も高いです。このような物価が高いバンクーバーでも、Airbnbを利用すれば、ホテルなどで泊まるよりも圧倒的に安く滞在ができます。

しかも、バンクーバーで登録されている物件は、アメリカ映画に出てくる巨大な物が多く、キッチン等も非常に大きいです。そうです。実は、Airbnbの大きな魅力の一つがキッチンの利用にあります。旅が長いとどうしてもご飯が単調になってきます。そんなとき、自身で調理をして「普通の食事をしたい」と感じるときがあります。まさに、このようなときにキッチンを使えるのが魅力的です。

また、私の場合は、ホテルでも必ずインターネットとパソコンを使います。したがって、簡易的で構わないためワークデスクがあること、インターネットの回線が問題なく接続できることも重視しています。他、アゴダやエクスペディアなども海外の宿泊施設を探すときに便利です。特にアゴダは、東南アジアの宿泊施設を探すときに活用することが多かったです。

3.じゃらん、楽天トラベル

一方、日本国内の宿泊施設を探すときは、じゃらんや楽天トラベルを使うことが多いです。特に、ここ数年の間は、いわゆるGo toトラベルやふるさと割等の補助金が出ることが多いです。それらの補助金を適用するために、じゃらん経由で宿泊地を探すことが多いですね!

ホテル等を探すときに重視していること

  • ワークデスクがあること
  • インターネット回線があること
  • 個室であること
  • 壁がキレイであること
  • お湯がでること
  • クレカ決済ができること

実践!宿泊場所を探す手順例

例えば、実際に宿を探すときは、次のような方法で探します。今回は、日本国内の宿を探すことを前提としましょう。

  1. グーグルマップで宿泊地周辺のホテルを探してみる。
  2. いくつかの詳細を見て口コミを確認する。&目星をつける。
  3. 1の検索地を基準にじゃらんや楽天トラベルで確認する。
  4. 2のホテルの価格や口コミ、他に良い所がないかを確認する。
  5. ヤフー知恵袋でもホテル名を入れてみる。
  6. 念のため、大島てるでも確認する。
  7. 予約する

このような流れで予約をしています。もし、価格を気にせず選ぶ場合は、あえて旅行会社経由で申し込みをすることもあります。旅行会社経由の方が同じ価格でもグレードが高い所を予約できる可能性が高いからです。

ヤフー知恵袋と大島てるを利用する理由

基本的に「○○県●●市 温泉 宿」などのキーワードで検索すると、大手旅行代理店のサイトやアフィリエイト目的のサイトが表示されることが多いです。これらは、収益化が第一の目標になっているので、サイト内で勧められている宿が本当に良いのかは怪しいです。本当は、別に良い所でもないのに「お勧めのホテル」と紹介していることも多いです。

そこで、ヤフー知恵袋を使います。ヤフー知恵袋は、あらゆる質問と回答を表示するサイトです。このサイトの検索フォームでホテルなどを探してみると、意外に穴場のホテルが見つかることが多いです。できるだけ純粋な利用者のオススメホテルを探す目的で利用しています。

また、ヤフー知恵袋とあわせて確認しているのが大島てるです。このサイトは、全国の「事故物件」を探せるサイトです。

例えば、このホテルの●●号室で、●●の事件が発生し、結果、何々があったなどの情報を探せます。私は、ホテルなどの予約をするときは、必ず、この大島てるのサイトを確認し、過去に事故が起きていないかを確認しています。

一泊だけでも、過去、その部屋で「変な事件」が起きているなら、絶対泊まりたくないですね!私は、この事故物件をさけるために、これからも大島てるを活用していこうと考えています。

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました